2005年01月15日

アニタムイ Anita Classic Moment Live  

 ようやく届きました。それも、2005年カレンダー付きの限定ボックスセットです。アニタムイが40歳で03年12月に亡くなる1ヶ月前に行った最後のコンサートのDVD3枚組みです。
3911
 アニタムイは、漢字で書くと「梅艶芳」、英語表記では「Anita Mui Yim-Fong」。香港を代表する歌手、女優。女優として主演した映画も数多く、喜劇、悲劇、歴史物、現代劇等なんでもこなせる個性派女優で、昨年日本で公開された「Lovers」に本当は出演するはずが病気でダメになり、映画のクレジットの中にも「アニタムイに捧げる」と記されていました。
 1983年、香港にいたころ、ちょうどアニタムイも歌手デビューしたころでした。波の乗って82年「心債」、83年「赤色」、84年「飛躍舞台」とアルバムを発表。この3枚のアルバムは好きですね。決して美人ではなくアイドル歌手の範疇には入れてもらえないでしょうね。なにしろ声が広東語にピッタリなのです。こんな声の歌手はまずいません。清純とか上品とかを超越した声で一度聞いたら忘れないでしょうね。近年、北京語のCDも出ていましたが、どうも似合わないようなきがします。
 その後、映画にも領域を広げ、香港のマドンナとも言われていたようですが、ポップクイーンというよりももっと泥臭い「香港歌謡の女王」と言ったほうが当たっているように思います。映画の演技はもっと泥臭いです。
 ファンの批評は客観的なものではないので参考にはなりませんが、亡くなる1ヶ月前、やっぱり力が衰えているのかなあと思いながらも、彼女の上手さ力強さには圧倒されます。全体的に短いようにも思えるのですが、ファンとしてはもっと多くの曲を収録して欲しかったと思います。(全曲入っているのかなあ?)
 それと、広東語が分からないので、日本語は無理でも英語の字幕ぐらいは付けて欲しいと思います。

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by 居つきタヌキ   2006年08月04日 00:21
 ありがとうございます。
 昨夜、すぐに、通販サイトYESASIA.COM(http://global.yesasia.com/jp/indexjapanese.aspx)にアクセスして、告別コンサートのDVDを注文しました。

 ブログも拝見させていただきました。香港に居たことはあっても、広東語はまるでダメだったので、コンサートの和訳は、非常に助かります。
 
 また、お邪魔させていただきますのでよろしくお願いいたします。(リンク先にも貼らせていただきました)
3. Posted by いく   2006年08月02日 23:34
アニタ・ムイを検索していたら、こちらにたどりつきました。アニタ・ムイファンです。おじゃまします。

居つきタヌキさんはアニタのデビューして間もないころに香港にいらしたのですね。私は現香港在住です。82~3年ごろ、私はそのころはまだアニタ・ムイの名前を知らないころです。

アニタムイのブログを開いています。すこしこのコンサートの訳なども載せていますので、もう一度ぜひDVDをごらんになってください。

ちなみに、91~92年の告別コンサートは正規版がすでにDVDになってます。これはすごくいいので、ぜひ見てみてください。
2. Posted by 居つきタヌキ   2006年01月17日 23:52
 恐れ入りました。
 うらやましい限りです。
 結局、生前、ライブを見ることは出来ませんでした。
 
 もう、映画だけで我慢するか。
 でも、まだライブ映像は、残っていると期待しているのですが
 どこか、出してくれないでしょうか。
1. Posted by kumasan   2006年01月17日 13:42
実はこのコンサート、香港で見たんです。

過去のコンサートとは異なり、上海交響楽団との競演でじっくり唄を聴かせる、というような触れ込みだったと思います。

1ヶ月後には、この世には無く、既に踊れなくなっていたのでしょうか。また、結構、ゲストが多く、デュエットやらゲストの単独歌唱等、梅姉の負担を軽くする配慮が為されていたのでしょうか。

いずれにせよ感慨深いDVDですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔