2005年02月09日

The Pogues → Shane MacGowan 

pogues3
昨日載せた、Kirsty MacCollが、The Poguesと共演して作った「Fairytale of New York」が発表されたのがこのアルバム「If I Should Fall From Grace With God」です。ジャケットの真中に写っている耳の大きな若造が、Shane WacGowanです。


shane macgowan1
 このアルバムのプロデューサーは、Kirsty MacCollの夫のSteve Lillywhiteです。このアルバムのベストトラックは、絶対「Fairytale of New York」だと思いますが、アルバムタイトル曲や、「Fiesta」、「thousand Are Sailing」も良い曲だと思います。
「Fairytale of New York」のプロモーションビデオが、このDVD「The Shane MacGowan Story」ですが、当時あんなに初々しかった青年が、今では歯の欠けた単なるアル中オヤジになっています。色々なことで騒ぎを起こしているみたいですが、こいつならしょうがないやと妙に納得してしまうような不思議な存在です。 



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔