2005年03月11日

今日のCD 「Jorma Kaukonen/Blue country Heart」

jorma kaukonen ちょっと古い作品です。「ヴァンク佐藤」先生も絶賛していたCDですが、先生は、ブルーグラス界の大物たちをこれだけ揃えてCDを作ったやつは誰だとアプローチされたんだと思います。私は、もともとJefferson Airplaneを起源とするウエストコーストロック、特にブルースに傾倒していったHot Tunaをよく聴いていましたから、Hot TunaのJorma Kaukonenのソロアルバムなら聴かなくてはとアプローチしました。異種格闘技というか、自分のルーツ探しなんでしょうか。変な力みもなくどの曲を聴いても絶品です。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヴァンクさとう   2005年03月14日 17:11
これは素晴らしいアルバムでした。僕がこの作品を知ったのは、
たしかJefferson Airplaneファンの方のサイト(JA以外の話題も豊富)
http://www1.odn.ne.jp/~cak38700/ で、
ヨーマの新作が出たというのが話題になっていて調べてみたところ、
バックミュージシャンが凄いメンバーで即買いという状況でした。
グラミーにもノミネートされながら、すでに何度も受賞している
Doc Watson御大に持っていかれたのはちょっと残念でした。
この後で復刻されたファーストソロ「Quah」もとても良かったです。

※ですから、「先生」は勘弁してくださいね(^^;)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔