2005年04月13日

葉山 「東京湾要塞標識」

14-1
 二子山方面から畠山へ抜ける山道に、昭和16年に
当時の海軍省が建てた標識が残っています。
 石でできた標識には各面に、「昭和十六年七月三
十日」、「東京湾要塞第一区地帯標」、「第一四号」、
「海軍省」と表示されています。
←「第一四号」

14-2
 横須賀湾を取り囲むように連なる尾根道に間隔を
おいて、「第一四号」「第一三号」「第一二号」と
建っています。もう60年以上も前に建てられた標識は
石の表面が風化し始めていますが、まだかろうじて
読めます。
←「第一四号」別の角度から












13
 身近にある歴史の記録としてこういったものも大切に
しなければいけないと思うのですが、なんで道案内板の
代わりに使ってしまうのでしょうか。
 抜いて別のところに保存しておく価値があるのかどう
かは分かりませんが、もう少し大事にしたいですね。
←「第一三号」




12 私が知っているのはこの3本だけですが他にも残って
いるのでしょうか。大体何号まであるんでしょうか。
←「第一二号」


jnks1951 at 00:50│Comments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔