2005年02月

2005年02月28日

葉山 夏みかんを食べるタイワンリス

risu1 散歩の途中で最近嫌われ者のタイワンリスが夏みかんを
食べているのに遭遇しました。
続きを読む

jnks1951 at 23:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2005年02月27日

葉山の散歩道(一色 → 三ヶ岡山)

 s0400zushihoumen
昨日と同じように寒さは厳しいものの、風もなく晴れて散歩をするには絶好の日和になりました。今日も近場の散歩コースを歩くことにしました。昔は峰山と呼んでいたかも知れません。地図上は大峰山(三ヶ岡山)143メートル。県立三ヶ岡緑地となっていてコースも整備されています。コースの大半は日当たりの良い南斜面にあり相模湾の展望も開けた散歩コースです。
 
 
続きを読む

2005年02月26日

葉山の散歩道(仙元山ハイキングコース)

s0300sengenyamahyoshi 今日は、風も強く雪もちらついて寒い一日でした。それでも仙元山ハイキングコースは朝から大勢のハイカーで賑わっていたようです。(何かイベントがあったのかもしれません)

続きを読む

2005年02月25日

Hair LABO 成長日記

hair labo3 2月13日以来、久しぶりの登場です。2週間の間に伸びるだけ伸びてくれました。そろそろ、カットしないといけませんね。人間の髪の毛も水をやるだけで伸びてくれればいいのですが。


jnks1951 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2005年02月24日

今日のCD 「Livin' Lovin' Losin'/Songs of The Louvin Brothers」

louvin brothers 昨日届いた3枚のCDの2枚目。このCDについては何の事前情報もなかったのですが、昨日の「Beautiful Dreamers」のCDを注文した時にジャケットを見て半分衝動買いしてしまったものです。なんとなく、昨日と同じような系統にありますが、やはりこれはカントリーです。デュエットだったLouvin Brothersにならって色々なデュエットで演奏しているのですが、やはりAlison KraussとJames Taylorの「How's The World Treaying You」は、グラミー賞取るだけのことはある曲です。(Alison Kraussは、お気に入りでもありますが)ジャケットが秀逸です。持論の「ジャケットが良ければ中身も9割は良い」のとおりのCDです。


2005年02月23日

今日のCD 「Beautiful Dreamer/Songs of Stephen Foster 」

beautiful dreamer 今日、注文していた3枚のCDが届きました。その内の一枚「Beautiful Dreamer/Songs of Stephen Foster 」を聞いています。このCDは、今年のグラミー賞の最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム賞を受賞したCDです。去年のこの部門の賞は、June Carter Cashの「Wildwood Flower」が受賞しましたが、今年も当たりです。アメリカの最初の大作曲家フォスターの名曲(オースザンナ、オールドケンタッキーホーム等々)18曲を色々なジャンルのアーティストが独自の解釈で自由に演奏しています。教科書通りのフォスターの曲を期待しているとガッカリするでしょう。演奏家をそれぞれ紹介するだけで何日もかかってしまいそうです。久しぶりの素晴らしいアルバムです。また、このCDのすごいところは、レコード会社ではなくて非営利法人のAmerican Roots Publishingが製作し、趣旨に賛同したアーティストが協力していることです。

2005年02月22日

今日のCD 「CHICANO POWER!」

chicano power! 寒さを吹き飛ばそうと手にしたのがこのCDです。ラテンロックです。それも60年代から70年代かけてのラテンロックの黄金時代です。98年に英国のSoul Jazz Recordsが発表したコンピアルバムです。この手のジミな企画物はヨーロッパ系のレコード屋さんが強いですね。2枚組みCD、17曲12バンドが入っています。お気に入りは、やはり昔から聞き慣れているSantana、Malo、Azteca、El Chicanoです。MaloやEL Chicanoは今でもバンドが続いていますが、演奏スタイルは昔とまるで同じです。半ば忘れ去られているような分野だけにこのような企画アルバムでないと当時の熱気を聞くことはできないかもしれません。(素晴らしいCDなのですが、現在入手は不可能かも知れません)


jnks1951 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 米国 ロック 

2005年02月21日

葉山 ハトのひなたぼっこ

hinatabokkohato 金曜日から4連休、今日は色々と片付けや手続きで出掛けなきゃいけなかったのですが、途中でハトのひなたぼっこを見ました。東京では嫌われ者のハトですが、ユニオン前の森戸川の護岸の棚に一列に首をすくめて並んでいました。


jnks1951 at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鳥の仲間 

2005年02月20日

葉山 名島の夕陽

najimayuhi 何かハッキリしない憂鬱な寂しい週末でした。ようやく夕方になって日が差してきて、雲の隙間から名島の向こうに夕陽が沈んで行きました。鼻炎気味の風邪も落ち着いてきたようだし来週は山歩きを再開できるかな。


jnks1951 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2005年02月19日

雪の葉山

senngennyama 昨夜からの雪で、葉山もこの冬で一番寒い一日でした。もう少し雪が積もってくれれば、山歩きでもしたいところなのですがちょっと中途半端。それでも人間ドックへ行った翌日なので、まだ健康意識は高く近場の散歩へ出かけましたが、やっぱり寒くて30分でギブアップでした。(雪を薄っすらかぶった仙元山)
続きを読む

jnks1951 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2005年02月18日

人間ドック

sarushima休みを取って人間ドックを受けに、横須賀共済病院へ行きました。去年からこの病院で受けていますが、混んでいないのが良いです。事前の山歩きもほとんど効果はなく、唯一誉められたのは肺活量だけでした。ここは、終わって精算すると病院内の食堂の食券をくれるます。会計担当者が、本当に軽い軽食だけなんですけどと言ってすまなそうに渡してくれます。本当に軽食ですが10階にあるので猿島は良く見えます。横須賀へ来ることもめったにないので、ちょっと町の中を歩いてみましたがずいぶん様変わりしているのに驚かされました。本町の写真屋さん「アライカメラ」も閉店していました。(食堂から見た猿島です)


jnks1951 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横須賀・三浦地域情報 

2005年02月16日

セツブンソウ(節分草)

setsubunso
 今日、NHKのニュースで栃木県で自生しているセツブンソウが見頃になったと放送していましたが、我が家の爺さん花壇でもセツブンソウが見頃です。白い部分は花びらではなくガクで、先の黄色い部分が退化した花びらで、先端の青い部分は雄しべだそうです。ほとんど目立つことのないような小さな花ですが、黄色と青の色合いが印象的な花です。


jnks1951 at 23:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年02月15日

Ray Charles 「Genius Loves Company」

raycharles
 Ray Charlesのデュエットアルバムがグラミー賞を獲得しましたが、Norah Jonesとのデュエットも確かに良いのですが、個人的にはGladys Knightとの「Heaven Help Us All」の方が好きです。Johnny MathisもVan Morrisonも良いですしハズレなしアルバムですね。


jnks1951 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 米国 ロック 

2005年02月13日

Hair LABO 成長日記

hair labo3 
一昨日、寒い中3時間も歩き続けて、口からで寒気を直接吸い込んでしまったせいでしょうか、昨夜からノドが痛くて、せっかくの3連休最終日もずっと家のなか。Hair LABOの成長を見守っていました。こういう寒い時は、マスクをして山歩きをしないといけないですね。



jnks1951 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2005年02月12日

Hair LABO 成長日記

hair labo2
 USJ土産のHair LABO君の髪が、一段と伸びました。生後4日?


jnks1951 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2005年02月11日

葉山の散歩道(森戸川源流を囲む尾根道)

s0200sakuranamiki 
今日は、森戸川の源流を取り囲む尾根道を歩きました。数年前までは、ほとんど人が入ることのなかった場所ですが、「葉山アルプス」と呼ばれるようになって、いつのまにかハイキングコースになってしまいました。


続きを読む

2005年02月10日

USJ お土産 → Hair LABO 

usj hairlabo
USJのお土産に、水栽培の「Hair LABO」をいただきました。種から生えた芽を髪の毛にするとはなかなかのアイデアで笑えるキャラですが、デジカメで撮って拡大するとちょっと不気味です。水栽培で髪の毛が増えてくれればラクなもんです。


jnks1951 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2005年02月09日

The Pogues → Shane MacGowan 

pogues3
昨日載せた、Kirsty MacCollが、The Poguesと共演して作った「Fairytale of New York」が発表されたのがこのアルバム「If I Should Fall From Grace With God」です。ジャケットの真中に写っている耳の大きな若造が、Shane WacGowanです。
続きを読む

2005年02月08日

Kirsty MacColl

kirsty maccoll1

3月号の「Qマガジン」の再発売盤のCD評にKirsty MacCollのCDが2作品載っていました。彼女は、2000年初頭に最後の作品となった「Tropical Brainstorm」を発表したあと、12月にメキシコで休暇中にモーターボートにはねられて亡くなってしまいました。「Qマガジン」にCD評がでていたのは、89年の「Kite」★★★★と91年の「Electric Landlady」★★★の2作品です。

←(日本では入手できないかも知れません)

続きを読む

2005年02月07日

また、ネコが来ました。

neko1
先日、出没したネコがまた現れました。今日も2階の窓の外から部屋のなかをじっと観察していたみたいです。まだ若いネコみたいです。節分の次の朝、まいた豆をきれいに食べくれて掃除しなくて済んだそうです。


jnks1951 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2005年02月06日

葉山の散歩道(不動滝→上山口)

s0101ume
  まだ、春の山歩きシーズンには早いですが、そろそろ足慣らしに散歩に出かけました。ここ半年ばかり山歩きから遠ざかっていたのでノンビリと木古庭から上山口あたりを歩くことにしました。
続きを読む

2005年02月05日

アニタムイ「百変天后 流芳百世」 

 家に帰ったら、アニタムイの95年ライブのDVDが届いていました。残業で遅かったので今日は観れませんが楽しみです。確か31日に注文したのですから、なかなか早いですよね。このDVDって、アニタムイが亡くなっててから追悼版として中国国内向けに発売されたものではないでしょうか?
anitamui4anitamui5

2005年02月04日

アイドルネコ → Orange Juice

neko
最近、2階の窓の外にこのネコが現れました。どこの飼いネコか野良ネコかわかりませんが、なかなか可愛らしい顔立ちでシッポの先がちょんとはねているところがポイントです。







orange juice1
全然、関係はないのですがネコといえば、Orange Juiceの「The Heathers on Fire」のCDジャケットのネコでしょう。このCD中身も好きですがお気に入りのベスト10に入るジャケットです。93年に出た紙ジャケットで中は40ページぐらいのコラージュでまとめた冊子になっています。今はもう廃盤でしょう。


jnks1951 at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2005年02月03日

John Spillane → FrankPrendergast(アニメ作家)

 昨日聞いていたJohn Spillaneの「Will We Be brilliant or What?」ですが、CDのジャケットを良く読んでいたら「We're Going Sailing」のアニメが付いているのを発見しました。Frank Prendergastというアニメ作家の作品ですが、CDに入っているのと同じアニメがインターネットでも観れます。画面サイズはCDよりも大きいですが、音は良くありません。インタビューも載っています。歌の内容そのまんまのほのぼのとしたアニメです。
同じ作家の他の作品も見つけましたが、正直に言ってよく分かりませんでした。 

2005年02月02日

Pauline Scanlon → John Spillane 

今日は、帰りに銀座のHMVに寄りました。この間、Pauline Scanlonの「Red Colour Sun」を聴いて中の一曲「All the Ways Your Wander」が気になって、作曲したJohn Spillaneが演奏、歌っているのを聴きたくて立ち寄りました。銀座のHMVは去年改装して狭くなってしまい、あんまり居心地が良くないし、在庫も少なくなってしまったような気がします。場所柄、CD買いにくる人なんて珍しいのかもしれません。奇跡か偶然か、John Spillaneの二枚目のアルバム「Will We Be Brilliant or What?」がありました。初めて聴きましたが、確かに隠れた名作ってあるんですね。「All the Ways Your Wander」の他では、一曲目の「The Dance of the Cherry Trees」も好きな曲です。
john spillane