2005年07月

2005年07月31日

葉山の風景 今日の海 

073101umi073102umi 今日は絶好の海水浴日和。森戸海岸も結構の人出です。4時過ぎにヘリコプターのエンジン音が響き始め、救急車やパトカーの音が続き騒然となりました。海上保安庁の一番大きなヘリコプターのホバリング音は、かなり離れていてもガンガン響いてきます。海岸に出て見ると森戸神社の沖で海上保安庁のヘリコプターがダイバーを吊り上げているところでした。どんな事故か分かりませんが、毎年何回かはヘリコプターの音を聞きます。これも葉山の夏の風景です。


jnks1951 at 17:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 葉山の海 

葉山の風景 二子山高角砲台跡?

073104hodai073103hodai 約2ヶ月ぶりで、二子山へ散歩に行きました。頂上付近に囲いを作って無線中継局の設置工事をしていました。工事のために林を切り開いたスペースの端に古びたコンクリートの柱が残っていました。これは、戦前二子山にあったいう高角砲台(高射砲)の施設の一部なのでしょうか。

jnks1951 at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2005年07月30日

葉山の自然 上山口の生き物

073003amagaeru073004katatsumuri 今朝、上山口へ散歩に出かけました。朝ならばまだ涼しいと思ったのですが、湿度が高く蒸し暑くて閉口しました。田んぼの横の小川にそって草の葉の上に何匹もアマガエルがじっと座っていました。ここ数周間アマガエルをほとんど見ていなかったのですが、急に集まってくるのは何か理由があるのでしょうか。(これはアマガエルでしょうか。なんとも言えない後姿です)ちゃんと角を伸ばして這っているカタツムリらしい姿を久しぶりに見ました。


jnks1951 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な動物、昆虫など 

2005年07月29日

アゲハの飼育日記 (アゲハの住まい)

072803agehanoie カラスザンショウの太い枝をバケツに入れて、アゲハの幼虫の住まいにしていましたが、小さな住まいに替えました。雑草とはいえ、カラスザンショウを枝ごと切っていたらほとんど丸坊主になってしまい、資源を大切にしようと小さな枝だけを採ってくることにしました。今は、イモムシ2匹、鳥の糞状態1匹とサナギが7匹います。なかなか2番目の羽化が始まりません。
 今日は、逗子の花火大会。今日も帰りが遅くて見れませんでしたが、11時頃でも逗子駅はごった返していました。今年はゆかた姿が一段と多いようです。
 次は、鎌倉の花火大会。見に行ったこともないのですが、早く帰れた時に横須賀線の電車のなかから見る鎌倉の花火も格別です。一瞬ですが。
 (この投稿で200回になりました。ありがとうございました)


jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月28日

葉山の自然 ネムノキ

072801hanabininiterunemunoki072802nemunoki 上山口で撮ったネムノキの写真です。ストロボをつけた写真は花火みたいに見えませんか?今日は、葉山の花火大会でしたが、仕事で遅くなって見れなかった代わりにネムノキで代用です。1100発と近隣の花火大会に較べると劣勢ですが、森戸海岸の沖の名島から打ち上げる花火の眺めは格別なんですけどね。(そう言いながらも、実際に森戸海岸まで見に行ったことは生まれてこのかた数えるほどしかありません)



jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年07月27日

葉山の風景 近所のノラネコ

072701neko 近所に住み着いているノラネコです。以前も登場しましたが、ずいぶんと大きくなって青年ネコになってきました。整った顔立ち精悍な容姿もなかなかのもので、ご近所でも評判のようです。「ミー」と名前付けて呼んでいる方もいるようですが、ミー君の好物はゴキブリで、夜中にバリバリと音をたたて食べているなんてことはご存知ないでしょうね。


jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2005年07月26日

葉山の散歩道 上山口の自然(今週の昆虫)

072601himeukonedashaku072602kiboshikamikiri今週は、黄色でまとめました。左側は、ヒメウコンエダシャク。ウコンの名に恥じない全身黄色の蛾です。こんなに目だっていいのかというぐらいに目立ってます。右側は、キボシカミキリ。斑点のなかが黄色になっています。


jnks1951 at 23:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 身近な動物、昆虫など 

2005年07月25日

葉山の自然 ヤマノイモ(自然薯)

072501yamanoimo 急にヤマノイモ(自然薯)のつるが伸びてきて、花が咲き始めています。まだ葉も若々しく爽やかな緑色です。雄花はムカゴになって地上に落ち、雌花は風で飛ばされる種を作って子孫を増やし、一方自然薯は地中で毎年自分自身を栄養に大きくなっていきます。都合3通りの方法で増えていく非常に堅実な植物ですが、人間の乱獲には勝てず最近はあまり採れないようです。

jnks1951 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年07月24日

瑞泉寺 ニイニイゼミ

072401niiniizemi 鎌倉へお墓参りに出かけ、瑞泉寺の庭園でニイニイゼミを見ました。この夏、初めてのセミです。夏の昆虫を代表するセミのトップバッターのニイニイゼミですが、色形、模様、鳴き声どれをとっても地味なセミです。

2005年07月23日

アゲハの飼育日記 (アゲハが一匹、羽化しました)

072302ageha072305ageha 遂に、予定通り一匹サナギが羽化してアゲハになりました。前日、絶対に羽化すると分かっていながら、起床した時にはもうりっぱな蝶になっていました。残念。それでも、蝶を近くでじっくり観察したり写真に撮ったりできるのは、こんな機会しかありませんから、じっくり拝見させていただきました。
 葉っぱ食べてるだけでどうして空を飛べるようになるのでしょう。カラスザンショウにそんなに栄養があるとは思えないのですが、不思議です。
続きを読む

jnks1951 at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

アゲハの飼育日記 (もうすぐ羽化しそうです)

072301agehauka 予告編です。アゲハのサナギの色が変わっているので、写真に撮ってパソコンで拡大してみて、ビックリ!本当にアゲハの羽の模様が透けて見えるじゃないですか!7月15日にサナギになったアゲハです。ちょうど1週間過ぎ。明日の朝には、アゲハが見れるかもしれません。


jnks1951 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月22日

アゲハの飼育日記 (サナギが5匹になりました)

072202kara 昨日サナギになったクロアゲハの脱皮したイモムシの皮です。目や足の形が残っています。これが伸びてイモムシ全体をカバーいていたわけですから、まさに伸縮自在の素材ですね。(写真がちょっと分かりずらくてすみません)
 いつの間にか、サナギが5匹、終齢イモムシが2匹、鳥糞状態は3匹になっていました。

jnks1951 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月21日

葉山の自然 ブチヒゲカメムシ

072201buchihigekamemushi 最近、アゲハの飼育に忙しくて他の昆虫の話がほとんどありませんが、エサとなるカラスザンショウの葉を採ってくると、オマケでアゲハの幼虫や卵、他の昆虫がついてきます。このブチヒゲカメムシもカラスザンショウの葉についてきました。これは幼虫です。成虫はもっとカメムシらしい形になります。アゲハの鳥の糞幼虫状態より昆虫らしいですが見た目地味です。


2005年07月20日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハもサナギになりました)

072001kuroageha072002kuroageha 一番、体の大きかったクロアゲハの幼虫がサナギになりました。全部で8枚の写真です。左から右へ順番に見てください。
左側、木にぶら下がって脱皮の機が熟すのを待っているところ。(ほとんど1日この状態で固まっていました)
右側、尻尾のところがシワに出来てきている。続きを読む

jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月19日

葉山の自然 今週の上山口の植物

071901tsuyukusa 梅雨も明けて夏になりました。こう暑いと散歩に出かけるのも命がけになってきます。それでも、街中にいるよりは山の中にいる方がずっと涼しく感じます。
←ツユクサ どこにでもある花ですが、こんなにブルーの色がきれいだとは今まで思ってもいませんでした。続きを読む

jnks1951 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年07月18日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハのアップ)

071802kuroageha071803kuroageha クロアゲハのイモムシだけが突出して大きくなりました。イモムシは、伸びたり縮んだりするので正確な長さではありませんが、6センチはあります。いつサナギになるのやら悠然と葉っぱを食べています。左側の写真は、カラスザンショウを食べている本当の顔の正面。右側の写真は細い枝にぶら下がって移動しているところを上からお腹を撮影したもの。枝をつかんでいる足みたいな部分はなかなか可愛いですが、胸部のたるみは3重アゴみたいです。お腹側は、何となく肉色に近いように思えますし、頭の帯状の模様は蛍光ピンク色をしているように見えます。


jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

葉山の風景 森戸海岸の夕陽

071801moritokaiganyuhi 明日(18日)は、「海の日」。急に夏らしくなって来たような気がします。ここ数周間、山やアゲハで忙しくて海まで手が回らなかったのですが、やはり夏の海はいいですね。特に日が傾いて涼しくなる夕方の時間帯が一番です。(写真、ちょっと水平線が傾いているので首を傾けて見て下さい)


jnks1951 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2005年07月17日

アゲハの飼育日記 (2番目もサナギになりました)

071703agehasanagi1 筋力のないアゲハの幼虫がバケツの縁でサナギになりました。
←,泙世佞辰らしたイモムシ体形です。続きを読む

jnks1951 at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

葉山の風景 上山口の棚田

071701tanada071702tanadadaizu 上山口の棚田の稲もだいぶ大きくなりました。あぜ道の雑草もきれいに刈られ大豆が植えられていました。エダマメにするんでしょうか?


jnks1951 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2005年07月16日

アゲハの飼育日記 (サナギ準備に突入)

071602ageha 2匹目がサナギになる準備を始めました。この幼虫は、筋力不足なのかサナギになる場所探しで歩きまわって、体を伸ばして羽化するスペースの確認をしようとすると後ろ足で体を支え切れずに、ポトリポトリと床に落ちてしまいます。遂に時間切れになってしまったのか、バケツのへりに止まったまま動かなくなってしまいました。サナギになってもこのままにしておくか、強制的に別の場所うつしてやるか悩みます。続きを読む

jnks1951 at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

葉山の自然 上山口の昆虫 ナガメ

071601nagame カメムシです。上山口の畑横の草むらにいました。菜っ葉に付くカメムシだからナガメだそうですが、サイズは小さいものの鮮やかな赤と黒の模様は見事です。


2005年07月15日

アゲハの飼育日記 (サナギになってました)

071501asagi1071502sanagi2 昨夜、「サナギになる準備を始めた」とブログに書いている間に、あっという間にサナギになってしまいました。部屋を暗くしておいたのがよかったのか、一瞬のことでした。左側は昨夜サナギになった直後の写真。まだグリーンの色も鮮やかでしっとりした感じです。右側は、まる一日経ったサナギです。後ろのカラスザンショウの葉っぱが邪魔になると思って取ったためか画面が暗くなって良く見えないのですが、一日でサナギが細長くなったような気がします。


jnks1951 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月14日

アゲハの飼育日記 (サナギになる準備をはじめました)

071401agehasanagi071402nibanimomushi 最初のイモムシが、サナギになる準備を始めました。カラスザンショウの枝に吐き出した糸で体を固定しています。右の写真は2番目のイモムシの食事風景。追伸 もう一匹終齢になりました。アゲハです。


jnks1951 at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月13日

葉山の自然 上山口の蝶

071301monshirocho 何だか毎日題材が片寄ってますが、今日もチョウです。今週上山口で見かけたチョウです。やはりチョウは水を飲んでいるところよりも、花に止まっているほうが絵になります。
←モンシロチョウとノアザミ続きを読む

jnks1951 at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2005年07月12日

アゲハの飼育日記 (もう一匹終齢になりました!?)

071201kuroageha 今日、また一匹終齢になりました。と、良く見たら「違う!?これはクロアゲハ?」終齢になったら今までのイモムシと顔が違いました。これで、アゲハ2匹、クロアゲハ1匹、まだ分からない鳥の糞状態が3匹(卵も入れて)、計6匹、飼育していることになっていました。


jnks1951 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月11日

葉山の散歩道 上山口の自然(今週の植物)

071101nemunoki
 久しぶりの「今週の植物」です。夏の花って地味なんでしょうか、それとも種類が少ないんでしょうか。伸びの速い草ってほとんど花は目立たないものが多いのかも知れません。
←ネムノキ 田んぼの上にネムノキの枝が伸びています。まだ咲き始めなのでしょうか。もう少し咲いてくれると良いのですが。続きを読む

jnks1951 at 23:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年07月10日

アゲハの飼育日記 (一匹、終齢になりました)

071001agehabaketsu071002agehajinan 7月6日のブログで、鳥の糞状態の幼虫をモンキアゲハと説明したのですが、どうも勘違いでアゲハの幼虫だったようですがまだ自信がありません。そこで、最後チョウになるまで飼育して白黒つけようとアゲハの飼育を始めることにしました。
 川岸に生えているカラスザンショウを枝ごと切って、小さなバケツに置いた剣山に刺して、連れてきた幼虫を何匹か放しました。(切ってきた枝に終齢の幼虫まで何匹かついていましたが数えてはいません。4匹ぐらいか)一番左に張り出した葉の先に終齢の幼虫がいます。
 カラスザンショウは、水揚げもよく新鮮な餌を与えるには、とりあえずは良い方法みたいです。そのまま枝の部分がサナギがぶら下がる場所になればいいのですが。
今日、一匹終齢になりました。まだ終齢になったばかりで小さくてシワクチャです。

 

jnks1951 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2005年07月09日

葉山の自然 ニイニイゼミ

070901niiniizemi 今日、上山口でニイニイゼミの抜け殻を見つけました。セミそのものは発見できなかったのですが、今年の初物です。


2005年07月08日

葉山の自然 キモントガリメイガ

070801kimontogarimeiga 今日はガですか!!って言われてもしょうがないですね。ちょっと名前は自信がないのですが、不思議なヤツです。羽の下に上手く足が隠れているので、どうやって葉にぶら下がっているのか分かりません。羽の広げ具合、腹の曲がり具合からは、下を向いてとまっているように見えませんか。バットマンに似てるようにも思えます。



jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2005年07月07日

葉山の自然 ニホンアマガエル

070701amagaeru 今度は両生類!って言われそうです。上山口の田んぼの横の茂みを良くみると、葉っぱの上に、ニホンアマガエルがじーっと固まって座っています。まだ数センチのアマガエルなのに、よくこんな高いところまでと驚くぐらいの高さのところまで登ってきます。木や草の上で生活するカエルですが、いつ見てもじーっとしてしているだけ、せっかく目の前をカマキリが通りかかっても、前足も引っ込めて何もしないで見てるだけです。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2005年07月06日

葉山の自然 モンキアゲハの幼虫

070703karasuzansho070701monkiageha 今度は青虫!と言われそうです。こんなに身近なところにモンキアゲハの幼虫がいるとは、今まで気付いていませんでした。近くの川のコンクリート壁の隙間に生えたカラスザンショウの葉にモンキアゲハの幼虫がいました。幼虫とカラスザンショウは別の場所で撮影しましたが、左の写真のカラスザンショウの葉にも幼虫が小さく写っています。この幼虫はまだ若い幼虫でしばらく育つとりっぱな青虫に変身するはずです。一度は飼育してみたいと思います。続きを読む

jnks1951 at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2005年07月05日

葉山の自然 上山口の動物 コガネグモ

070501koganegumo070502koganegumo 最近、ケムシ、ヘビ、トカゲと、一般的にはあまり好まれない動物が多くなって困っています。コガネグモ、恥ずかしながらこの名前は知りませんでした。このあたりでクモといえば、秋にかけてどこでも見かけるジョロウグモのほうが一般的です。ジョロウグモは、腹も丸みを帯びて全体的に細身で女性的な感じがしますが、コガネグモは足も筋肉質風で全体にごつごつした男性的な雰囲気があります。写真左は裏側、右が表ですが、表側の撮影ポジションが良くなかったので、あまりきれいに撮れていません。クモの巣に白いX状の帯(隠れ帯)を付けるのがコガネグモの特徴ですが、なんとか下半分が出来ています。本当は隠れ帯に二本づつ揃えた足を乗せて体を隠すのが本当なんでしょう。


jnks1951 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な動物、昆虫など 

2005年07月04日

葉山の自然 森戸海岸のカナヘビ?

070501kanahebi070502kanahebi 森戸海岸の堤防を散歩していたら、放置ボートやウインドサーフィンのボードのなかに、トカゲがデザインされたボードを見つけたと思ったらカナヘビでした。カナヘビが、海岸の波打ち際近くで生息出来るとは思えないのですが、お腹もしっかりふくらんでいて食べ物には困っていないようです。(足があるのになんでヘビなのでしょうか。いまだに分かりません。それとこれ本当にカナヘビでしょうか?)



jnks1951 at 23:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2005年07月03日

葉山の自然 ヘビ三昧

07030101aodaisho1070302aodaisho2 この週末は、ヘビ三昧でした。土曜日は、森戸の商店街の脇に(本屋の幸福堂があったところとマンションの間の茂みの中)アオダイショウが隠れていました。シッポがちぎれているようですが、1メートル以上はありました。裏の森戸川から這い上がってきたとしか思えません。続きを読む

jnks1951 at 20:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2005年07月02日

葉山の風景 森戸海岸

070202morito 7月1日の「海開き」で森戸海岸も夏モードに入りました。森戸神社の駐車場の管理人の人が、7月から夏料金に変わりましたよと説明してました。(一日、2千円が3千円にアップ)監視所もなくなって、遊泳区域を示すロープが唯一の夏になった証のようです。海の家もまた少し減ったのかもしれません。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海