2005年12月

2005年12月31日

葉山の風景 大晦日の夕日

123101morito123102kadomatsu 大晦日、森戸神社の裏から見た夕日です。森戸神社の神主さんは、参道に水をまいて初詣の準備中。帰り道、立派な門松にこんな張り紙がしてありました。



jnks1951 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2005年12月30日

葉山の風景 「ポストめぐり 6本目」

122404post32 6本目は、32番(一色1222、一色岡八店)。このポストは、バスが通っている表通りに立っていません。葉山町消防署の交差点を一色方面に向かって左がわの上り坂の脇道にそれて葉山郵便局方面への近道の途中にあります。今は、普通の民家に隣接していますが、元々は商店だったのかもしれません。



jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2005年12月29日

葉山の風景 「ポストめぐり5本目」

122405post2 葉山にある丸い赤ポスト、5本目は2番(一色598、日影)です。葉山の郵便局の本局から一番近いポストかも知れません。だから2番なんでしょうか。一色住宅のバス停近く。通りに面したところにあります。


jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2005年12月28日

葉山の風景 「ポストめぐり 4本目」

122409post24 4本目の丸いポストは、24番(一色2095、旧一色郵便局)。御用邸前の広い道を一本奥に入ったところ。標識には、いつ頃のことか分かりませんが、旧一色郵便局とありました。この場所は、元々は小さな商店街だったのかも知れません。今でもすぐ横の酒屋さんもありますし、ポストの横の家の作りも商店の雰囲気です。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2005年12月27日

葉山の風景 「ポストめぐり 3本目」

122402post9 三本目は、向原の三叉路の角にある9番ポスト(堀内1825、向原)。今はシャッターが下りてタバコの自動販売機が目立ちますが、元はお菓子屋さんだったところ。公衆電話と並んで立っているところがポイントです。


jnks1951 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2005年12月26日

葉山の風景 「ポストめぐり 2本目」

122401post21 森戸神社から真名瀬に向かって左側にある葉山のポストで一番有名なポスト。以前は、トタン板でポストの顔だけが見えるように覆われていたのですが、今はトタンがはがれて普通のポストになってしまいました。(ポストは、それぞれ固有番号があるようで、このポストは、21番(堀内1047、森戸)だそうです。


jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2005年12月25日

葉山の風景 森戸海岸の夕日

122501yuhi122502ishigaki クリスマスの日の森戸海岸の夕日。とても風が冷たくて日が沈むまではいれませんでした。そして夕日に照らされている砂や風に削られた石垣。最近、開発が進むにつれ、こんな石垣も姿を消しつつあります。

jnks1951 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2005年12月24日

葉山の風景 「クリスマス」イエズス孝女会修道院

122403xmas 明日は、クリスマス。イエズス孝女会修道院(あけの星幼稚園)の入り口に飾られているキリスト降誕の様子のジオラマです。よく見ると、厩や柵が藁や竹で出来ていたり、井戸もなんとなく和風でローカル色が出ています。


jnks1951 at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2005年12月23日

葉山の風景 「ポストめぐり 1本目」

122201post1 寒くなって、ブログのネタも枯渇してきてました。ビックプロジェクトだと思っていたパソコン自作も、あっという間に完成して、冬を乗り切る材料がなくなってしまいました。その上、山を歩けば川に落ちて醜態をさらすし寒さにはからきし弱いので、しばらくは平地を歩くことにしました。それでも、ただ歩いても面白くないので、葉山にある古い赤いポストの写真集めをテーマに歩くことにしました。見た記憶があるものだけでも10本ぐらいはありそうなので、なんとかネタになりそうです。1本目は、一色三が丘のバス停から一色のほうに少しいったところにありました。


jnks1951 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2005年12月22日

冬の思い出

122201sonan 40年以上前、まだ葉山小学校の周りに田んぼがあったころのことです。寒い冬のある日、田んぼに遊びに行って、田んぼに張った氷の上を調子に乗ってスケートのつもりいたら氷が割れてしまいました。ズボンから下着からずぶ濡れになった記憶があります。歴史は、繰り返して、上山口の溜池跡へ行って帰るとき、川の淵の上に張り出した枯れ木に乗ったとたんに、ドボンと落ちてしまいました。ズボンは濡れるは、左手は、打撲で膨れ上がり、まだ握りこぶしがちゃんと出来ません。成長しても性格なんて変わるものではありません。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2005年12月21日

葉山の冬景色

122101fuyu122102fuyu なんか、さびしい季節です。ついこの間まで、くもの巣の上で丸々と太っていたジョロウグモも、死んで干からびてしまっているし、つたの葉も、かろうじて一枚だけ石垣にぶら下がっています。


jnks1951 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年12月20日

葉山の風景 「県立近代美術館 葉山」

122001hayamaart122002hayamaart この間の土曜日は、三ヶ岡の「県立近代美術館 葉山」へ。ちょうど、彫刻家西雅秋の展覧会をやっていました。土曜日なのに、人はほとんどいませんでした。右側の写真のコンクリートの塊は、屋外に展示してあるこの彫刻家の作品で、もう使われなくなった木造船の中にコンクリートを流し込んで作ったもの。この美術館で展示以上に気に入っているのが、半地下の図書室。申し訳ないのですが、まず、人はいないし、静かだし、散歩の休憩場所としては最高です。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2005年12月19日

葉山の風景 上山口の谷戸と溜池跡

121902kamiyamaguchi121901tameike 昨日は、久しぶりに上山口小学校の奥の谷戸へ散歩に出かけました。環境保護団体「葉山ほたる組」が作った池の表面に薄っすら氷が張っていました。小川の日当たりが良くなるように、下草がずいぶん刈り取られていました。溜池跡の湿地には、いつもは絶対にいないようなたくさんの人が集まって湿地の整備をされていました。

jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2005年12月18日

葉山の風景 「森戸の夕日」

121801morito121802morito さすがに、寒くて風も強いと、散歩する人も犬もまばらでした。「大野屋」のよこを森戸海岸に向かう道の正面にあったコートハヤマが取り壊されて、富士山が見えるようになっていました。それでも、完全装備のシーバス狙いのルアー屋さんが、防波堤で一人キャスティングを繰り返していました。今年、釣果のない私としては、うらやましいのですが、カラダ第一ということで今日は諦めました。

jnks1951 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2005年12月17日

葉山の風景 「富士山」

121701fuji121703fujisan 風が強い一日でした。鐙摺の港のむこうに見える富士山と江ノ島。一色海岸から見た冬の富士山です。


jnks1951 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2005年12月16日

「横浜トリエンナーレ」の風景

121601yokohama121502yokohama 題材が枯渇して、ステーションブレイクになってしまいました。「横浜トリエンナーレ」で見た横浜の空です。


2005年12月15日

「横浜トリエンナーレ」のおまけ

121503kuma 「横浜トリエンナーレ」の会場内で、購入した展示作品の写真です。安部泰輔のインスタレーションで、会期中、小さなブースの中で本人が古着で作り続けたぬいぐるみのクマを洗濯バサミで何匹もぶら下げるというもの。1匹千円でお持ち帰り可能で、これはそのうちの1匹です。これのどこが芸術だって言われると困りますが、とりあえず他に同じ柄のない唯一の芸術作品です。


2005年12月14日

葉山の風景 「もみじ」

121401momiji121402momiji 説明もなにもいらない写真です。何の葉だか分からないのですが、赤と黄、二色そろえてみました。葉山のもみじは遅いですが、もうそろそろ終わりですね。


jnks1951 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2005年12月13日

子安の里 「水仙、枇杷」

121301suisen121302biwa この前の、桐の花芽もそうですが、冬になったからといって生命活動が停止しているわけじゃありません。あまり目立ちはしませんが、ビワ「枇杷」の花も咲いていますし、ちょっと気が早いと思うのですが、スイセン「水仙」もちらほら咲き始めました。


jnks1951 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年12月12日

「横浜トリエンナーレ」

121201yokohama121202yokohama ずっと行こうと思っていて、会期終了6日前にようやく行けました。「横浜トリエンナーレ」。埠頭の岸壁沿いを寒風にさらされながらてくてく歩いて会場の倉庫に入って一番最初に目に入るのが、池水慶一の巨大な鉄パイプの階段。そして、階段の上から見下ろすといつ見ても新鮮な高松次郎の「影」の作品。ほかにも楽しい作品が色々ありましたが、やっぱりこの2作品が一番印象的でした。次回は、もっと早い時期に来ないとだめですね。冬の倉庫は寒いし、なんか閉店間際のわびしさが漂っているようでした。


2005年12月11日

子安の里 「桐の花芽」

121101kiri 冬でも暖かい気候温暖な子安の里とは、絶対いえないような寒い日でしたが、散歩して来ました。途中、農家の無人販売所で変わったものを売っていました。「桐1本500円」とバケツに書いてありました。これは、桐の花芽。桐の花が咲くのは春ですが、もうこの時期に来年咲く準備が始まります。この時期、切花にして売ってしまうのも勿体ないような気もしますが。何か特別な用途があるのでしょうか。


jnks1951 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年12月10日

葉山の風景 「ナツミカン」

121001natumikan 昔からナツミカンがありました。でも、葉山や三浦半島がナツミカンの名産地であったとは聞いたこともありません。畑の隅や、家の庭にごく普通に植えてありました。でも、大体口が曲がりそうになるか、胃が炎症を起こしそうになるぐらいにすっぱいナツミカンでしたが、なぜ植えてあったのでしょうか。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 | 葉山の風景

2005年12月09日

ちょっと遠出、日本橋「大勝軒」

120901taishoken 別にグルメではありません。日本橋の大通りから一歩中に入るとこんなお店がありました。昔ながらの中華料理屋。メニューや味のことは分かりませんが、とってもそれらしい雰囲気です。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京、その他の地方、海外 

2005年12月08日

葉山、上山口の自然 「ススキ+セイタカアワダチソウ」

120801susuki120802seitakaawadachiso 冬景色の定番アクセントのススキ。最近では、セイタカアワダチソウも仲間入りです。セイタカアワダチソウも秋の終わりごろまで黄色い花をつけていたのが、あっというまにこんな状態になってしまいました。


jnks1951 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年12月07日

葉山、上山口の自然 「カラスウリ」

120701karasuuri この季節を代表する植物は、カラスウリでしょう。夜咲く白い花もなかなか魅力的でしたが、真っ赤なカラスウリの実も良いものです。この時期になると今まで青々と繁っていた葉が枯れて、葉に隠れていた赤い実がよく見えるように自然の段取りができているようです。この実は、まだ赤くありません。


jnks1951 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年12月06日

湘南国際村の自然 「グミ」

120601gumi120602gumi 湘南国際村の脇を流れる川沿いの遊歩道にグミの仲間が実っていました。葉や実の色、形からグミの仲間だと思われるのですが正確には分かりません。わざわざ植樹したものだとは思うのですが、なぜ「グミ」にしたのでしょうか。湘南国際村が出来てから初めて歩いてみたのですが、一歩脇道へ入るとまだ昔のままの子安の道が残っているので驚きました。



jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横須賀・三浦地域情報 

2005年12月05日

葉山、上山口の自然 「キジ?」

120501kiji これも、土曜日に撮影しました。判別できないような写真ですが、「キジ」だと思います。この10月いっぱいで手入れをやめてしまった畑のそばにいました。葉山に55年間、住んでいますが(居ないときもありましたが)初めて「キジ」を見ました。昔は、「キジ」なんて人里近くで見ることはなかったんじゃないでしょうか。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鳥の仲間 

2005年12月04日

葉山、上山口の自然 アキアカネ+コバネイナゴ

120401akiakane120402kobaneninago 土曜日、久しぶりに野外活動が出来ました。12月になってだいぶ寒くなって来たのに、あまり風が来ない谷戸の田んぼの周りには、アキアカネやコバネイナゴがいました。


2005年12月03日

屋根の上のネコと木登り爺さん

120301neko120302jisan 二階の窓にネコの影が写って、そーっと覗くといつものネコが窓から家の中を覗いていました。実にふてぶてしい顔をしたヤツです。ふと、庭に目をやると、先日退院してきたばかりの78歳の爺さんが、松の手入れで木登りしてました。寒いからもう止めたらと、いくら言っても聞かないガンコ爺さんです。



jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年12月02日

庭のもみじも紅葉しました

120201kaede このところ、朝は出勤準備にあわただしくて、窓の外の景色も気にしていなかったのですが、ふと見ると庭のかえでも紅葉し始めていました。


jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2005年12月01日

南郷運動公園 晩秋の風景

1201aki 紅葉した葉が一枚残った南郷運動公園の桜の木。秋が深まるに伴って題材も乏しくなって参りました。


jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景