2006年04月

2006年04月30日

葉山の自然(上山口) 「ジョウカイボン」

043001jokaibon043002jokaibon 「ジョウカイボン」、カミキリムシに似ていますが別の種類です。名前からしてなんか嫌われ者イメージですが、春になると真っ先に出てきて目立つので写真に撮られてしまう運のいいヤツです。今回は、飛び立とうとして羽を広げたところのおまけつきです。


jnks1951 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2006年04月29日

葉山の自然 「エビネ」

042901ebine042902ebine 一時期、ブームで乱獲されてしまって、もう野生のエビネなんてないのかと思っていましたが、ある方に自生している場所を教えていただきました。場所は、言えませんが葉山にもまだエビネはありました。


jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月28日

葉山の自然(上山口) 「ナナホシテントウの幼虫+ダビドサナエ」

042802nanahoshitento042803dabidosanae ナナホシテントウの幼虫、成虫もいるのですがすばしっこくて写真になりません。ダビドサナエ、雨に打たれてじっとおとなしくしていました。もうトンボも出てくる季節になったんでしょうか。


2006年04月27日

葉山の自然(上山口) 「桑のつぼみ+ハナダイコン」

042601kuwa042602hamadaikon あの黒い実のなる桑のツボミです。ハナダイコン、ハマダイコンと勘違いして海岸近くじゃなくても育つんだと思っていました。


jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月26日

葉山の自然(上山口) 「アメリカフウロ」

042501amerikafuro042502amerikafuro 上山口、新沢の奥で群生しているこの植物を見つけました。葉の陰に本当に小さな花が付いています。帰化植物のアメリカフウロのようにも思えるのですが、花が小さ過ぎて花弁も4枚のように見えて自信がありません。雨に打たれた緑の葉の色もなかなか鮮やかできれいです。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月25日

「越冬クロアゲハが羽化しました!!!」

042503ageha 昨年8月30日にサナギになったクロアゲハが、昨日羽化しました。気が付いたら羽化して部屋の中をバタバタ飛び回って壁にようやく張り付いたところの写真です。この後無事に飛び立っていきました。237日間、約8ヶ月サナギでいたことになります。8月末のまだ暑い頃から来年用にサナギになってしまうというのは、何がきっかけなんでしょう。カラスサンショの葉しか食べないでサナギになって、飲まず食わずで干からびもしないで眠り続けてクロアゲハに生まれ変わるわけですからまさに神秘です。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 アゲハの飼育 

2006年04月24日

葉山の自然(上山口) 「オタマジャクシ」

042401otama042402otama この週末は、天気がよくないうえに仕事もあって、野外活動はほとんど出来ませんでした。日曜日小雨のなか、アカガエルのオタマジャクシの成長具合を観察しに上山口へ出かけました。もう卵の状態のものはなく、全部オタマジャクシになったようです。前回に比べると格段に大きくなったようです。

jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2006年04月23日

上山口のいつものネコ

041801neko041802neko 上山口へ散歩へ出かけると、駐車場で必ず見かけるというのか出迎えてくれるのがこのネコです。とりあえずはシッポの先も緊張させているのですが、次の瞬間には寝ています。

jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2006年04月22日

葉山の自然(上山口) 「キツネノボタン+トウグミ?」

042402hana042401gumi キツネノボタン、3月の終わりぐらいから湿地に、ポツンポツンと咲いていました。緑の葉の大きさに比べて花がシンプルであまり目立たない花です。トウグミ?の木の下を歩くと、とても良い匂いがします。花の色も若葉に似たような薄黄色で小さくて目立ちませんが、匂いで咲いているのが分かります。ただ、本当にトウグミか自信がありません。この時期、ナツグミ、アキグミ、トウグミと色々なグミが花を咲かせるそうですが、どれも似たような花で区別ができません。




jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月21日

葉山の自然(上山口) 「ミヤマキケンマ+カキドオシ」

042301kenma042302kakidoshi ムラサキケンマに比べると数は少ないです。花の色の具合か見るからに弱々しい感じの花という印象です。カキドオシ、どこにでも咲いているような丈夫な草ですが、薬草にもなるそうです。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月20日

葉山の自然(上山口) 「ツマキチョウ」

042201tsumakicho042202tsumakicho ツマキチョウ(褄黄蝶)。羽の端がちょっと黄色くなっているから付いた名前でしょう。ちょうどペアリングの最中でじっとしているので、枯葉が花に引っ掛かっているように見えました。一枚は、横から。もう一枚は反対側斜め上から撮ってみました。止まらないとちょっと尖がった羽のかたちと、このおぼろこんぶのような不思議な微妙な柄は分からないかもしれません。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2006年04月19日

葉山の自然(上山口) 「タケノコ」

042101takenoko042102takenoko 先週、山に入ったときは全然タケノコは出ていませんでしたが、まさに「雨後の竹の子」です。一週間で頭半分出しました。どこの竹林もタケノコ堀りの人で大賑わい、しばらくは毎日タケノコご飯の日々が続くんでしょうね。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月18日

葉山の自然 「キチョウ+モンシロチョウ」

041601kicho042001monshirocho アゲハのように大きなチョウは、写真に撮るのも楽ですが、神経質で警戒心の強いシロチョウの仲間は、なかなかシャッターチャンスに恵まれません。このキチョウとモンシロチョウは、風の強い日に草にしがみついているところをようやく撮った写真です。今まで白いのがモンシロチョウで黄色いのはモンキチョウだと思っていたのですが、この黄色の蝶はキチョウという違うチョウのようです。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2006年04月17日

葉山の自然(二子山) 「ヨコヅナサシガメ」

041701yokozunasashigame041702yokozunasashigame 二子山へ登る登山道の途中にあるピクニック広場の倒木に群れるようにしていました。成虫が群れて越冬するようで、ちょうど越冬を終えて出てきたところかもしれません。元々は生息していなかった昆虫のようですが徐々に北上してきたようです。横綱というほどには大きくないのですが、まさに肉食系の悪役カメムシの色合いです。


2006年04月16日

「蝶のひろば」

041701chonohiroba041702chonohiroba 買い物に出かけた途中で、こんな施設があるのを初めて知りました。「蝶のひろば」、プロパンガスの販売会社「サガミ」が、本社2階を蝶やその他の昆虫の展示館にしています。南米の青い蝶「モルフォチョウ」や珍しい蝶も展示されていましたが、日本の蝶の標本は全種揃っているそうです。会社創立40周年の記念事業で平成5年にできたそうですが、全然知りませんでした。入場無料、是非また来たい場所ですね。

2006年04月15日

上山口の自然 「クサイチゴ+ムラサキケンマ」

041501ichigo1041602hana 春ですが、なんでこんなに寒いんでしょう。今日は、上山口で撮影した2枚。左側、クサイチゴ。右側、ムラサキケンマ。

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月14日

上山口の自然 「ミツバアケビ+レンゲ」

041401akebi041501renge ミツバアケビ、蔓にたくさん不思議な形をした花を付けています。これが、秋になるとアケビの実になるはずなのですが、花の数に比べて実の数が少ないような気がします。レンゲ、レンゲソウ、ゲンゲ、いろいろ呼び名があるようです。最近あまり見かけなくなってきたように思えます。田んぼも自体も少なくなりましたが、昔は田んぼの肥料にしていたようですが、化学肥料が普及してレンゲを植える必要もなくなってしまったようです。

jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月13日

上山口の自然 「ニリンソウ+ウラシマソウ」

041301nirinso041302midorinohana 上山口の谷戸で見ました。ニリンソウ(二輪草)と言っても花が二つとは限らないようですし、花といってもこの白い部分は花びらではなくて咢だそうです。葉や茎は食用になるようですが試したことはありません。ウラシマソウ(浦島草)。あまり花らしい花ではありません。春の定番の花でどこにでも咲いているのですが、あまり注目を集めないようです。よく見ると細いひげのようなものが伸びていて、これを釣り糸に見立てて浦島草というらしいです。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月12日

上山口の自然 「桜+菜の花」

041201sakurananohana041202nanohana 下山川の川沿いで、こんな風景を見つけました。満開になった桜の木の下に菜の花が一面に広がっています。そんなに大きな桜の木ではありませんが、見事な花をつけて今がちょうど真っ盛りでした。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月11日

葉山の風景 「山の色」

041101yamanoiro041102yamanoiro 今が一番カラフルで美しい時でしょうね。山の樹木がいっぺんに芽を出したり花を咲かせたりで、色々な色に塗り分けられます。この上山口の谷戸から見る山は実にきれいです。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2006年04月10日

上山口の自然 「タンポポ+モンシロチョウ」

041001tampopo041002monshirocho タンポポの種。ちょうど2つ並んでいたのですが、よく見ると右側の下の部分がもう風に飛ばされてなくなっています。タンポポにモンシロチョウが止まっていました。春、まだ寒いうちからモンシロチョウは、飛んでいましたが、警戒心が強くてすぐに逃げられてしまい今までなかなか撮影できませんでした。


2006年04月09日

葉山の風景 「サクラの名所 堀内児童遊園地」

040901motomachi040902motomachi うちの爺さんのコメントです。葉山のサクラの名所は、「堀内児童遊園地」だそうです。元町のバス停から細い道を山の方に入った住宅街の中にあります。慌てて確認しに行きましたが、この数日の嵐のような天気でほとんど散ってしまい地面を花びらが覆っていました。四角の公園の周りを壮年期のまだ元気なサクラが囲んでいて、満開の時はきっと素晴らしいと思います。来年はここです。


jnks1951 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2006年04月08日

葉山の風景 「春の森戸海岸」

040801morito040802tonbi 今日は、一日大荒れの天気。久しぶりに海岸へ出るとかなりの風で、ウインドサーフィンをやっている人が数人いるだけでした。大学のヨット部も新入生確保に大事な時期ですが、この風ではヨット体験教室も開催できないでしょうね。(やったら新入生は逃げ出すでしょうね)頭上を飛んでいるトビが、強い風に乗ってまるで止まっているように空中に浮いているの写真に撮ったら、薄っすらと月の影が写っていました。


jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2006年04月07日

上山口の自然 「名前の分からない木+メジロ」

040701shiroihana040702mejiro ちょっと古い写真(3月25日撮影)ですが、木の名前が分からなくて困っています。上山口小学校前の下山川にそった道の端に2本生えているのですが、何の木だか分かりません。あまり良い匂いもありませんが、メジロがさかんに蜜を吸っていました。そのうち実でもなれば分かるかもしれません。


jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 身近な植物 | 鳥の仲間

2006年04月06日

上山口の自然 「カラスノエンドウ」

040601mame 春になると田んぼのあぜ道でも草原でもどこにでも、ごく普通にこの花が咲きます。名前のとおり「エンドウ」の花の形をしています。エンドウ豆を小さくしたような実を付けますが、中の豆をとって残った舟形の鞘を半分にちぎって笛にして鳴らして遊んだとかすかに記憶しているのですが。


jnks1951 at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月05日

上山口の自然 「タチツボスミレ」

0405sumire 3月31日に投稿したタチツボスミレ、花の形があまりはっきりしないので、もう一枚この写真を投稿します。唐突ですが、タチツボスミレよりスミレのほうが匂いがよいように感じるのですが、間違っていないですよね?


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2006年04月04日

上山口の自然 「アメンボ」

0404amenbo040402amenbo 上山口の谷戸の奥にある自然観察用の池にアメンボが浮かんでいました。横で泳いでいるのはオタマジャクシ、ちょっと不気味。


2006年04月03日

葉山の風景 「丸ポストとサクラ」

0403postsakura 12月29日に投稿したポストの写真は殺風景でしたが、背景が満開のサクラになったらずいぶんと雰囲気がかわりました。(ポスト番号2番、一色住宅バス停前)


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2006年04月02日

「お花見」

0402sakura0402sakura 昨日の土曜日は、絶好のお花見日和でした。歯医者さんの予約や買い物の合間に駆け足(車)で、近所のお花見ポイントを回りました。葉山周辺の有名お花見ポイントは、ハイランド、イトーピア逗葉高校、葉山小学校前でしょうか。逗葉高校下の公園は、お花見宴会でぎっしり満員。ハイランドは鎌倉から山を越えて来たハイカーでごった返していました。結局、車を停めてのんびりお花見をしたのは、通いなれた上山口小学校のサクラでした。


jnks1951 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2006年04月01日

葉山の自然 「ヤマブキ」

033101yamabuki033102yamabuki 南尾根の途中で、ヤマブキの花を見つけました。暖かいのか、日当たりが良いのか、去年も同じところで一番早いヤマブキの花を見ました。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 身近な植物