2008年05月

2008年05月31日

「レモンの葉+イタドリハムシ+アゲハの幼虫」

レモンの葉+イタドリハムシ+アゲハの幼虫
080555

2008年05月30日

上山口の自然 「コゴメウツギ」

080781

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月29日

上山口の自然 「ジャコウアゲハ+クロアゲハ」

左:ノアザミとジャコウアゲハ、右:ウツギとクロアゲハ
080778080776

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2008年05月28日

上山口の自然 「ドクダミ」

ドクダミの花。
080874

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月27日

上山口の自然 「ウツギ」

080774080775

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月26日

上山口の自然 「ハンミョウ」

もうちょっと、アップにしないと、迫力が出ないですね。
080671

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2008年05月25日

英国のロック 「Thirst For Romance / Cherry Ghost」

「UK-JAPAN2008」を意識しているわけではありませんが、最近よく聴いている英国のバンドのCDをご紹介します。
Cherry Ghost」が、昨年9月9日に発表したデビュー作「Thirst For Romance」。
この赤地のCDって、昨年、CDショップの店頭でもちょっと気になる絵柄でした。バンドメンバーSimon Aldredの古い家族写真をもとに、シルク・スクリーン・アーティストのKate Gibbが、スクリーン・プリントしてカバーデザインにしました。Kate Gibbが、制作した「Chemical Brothers」CDジャケットなんかよりずっと良いです。CDの中身がジャケットに伝わってくるような作品です。
中身も、ジャケットと同じように素晴らしい作品です。「People Help The People」、「Mathematics」タイトルトラックの「Thirst For Romance」も当然ですが、個人的には、「Roses」です。
cherry ghost

2008年05月24日

上山口の自然 「ハチの仲間」

う〜ん。名前が分かりません。
でも、きっとハチです。
080228

2008年05月23日

上山口の自然 「ニホンアマガエル」

隠れているつもりなのか。
盛り上がった背中が、なんとなく可愛いですね。
080655

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2008年05月22日

上山口の自然 「モンキアゲハ」

ピントも合っていないとんでもない写真ですが、モンキアゲハがカラスザンショウに産卵しているところです。モンキアゲハは、竹やぶの中に隠れるように生えていた食草のカラスザンショウを見つけて、その中でもわざわざ軟らかい新芽の先に卵を産み付けていました。
080651080659

jnks1951 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2008年05月21日

上山口の自然 「ノイバラ」

ちょっとおしべの色が変わってきました。
花は日持ちしませんが、匂いはバラです。
080605

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月20日

上山口の自然 「ニワゼキショウ」

数年前までは、そんなに広がっていなかったのに。
今年は、すごい勢いで広がっています。
080637

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月19日

「レモンの花」

ナツミカンに続いて、バアサンのレモンの木に花が咲きました。
鉢植えから地面に下ろして初めての春、つぼみが沢山付きました。
実は、ナツミカンの方が大きいのに、花はレモンの方が大きいですね。
香りもレモンのほうがワンランク上ですね。
080679

jnks1951 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月18日

森美術館「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み」展関連パブリックプログラム 「英国現代美術を知る」

今年は、日英修好通商条約調印150周年にあたるそうで、これを記念して「UK-JAPAN2008」が開催されています。ひょんなことで「葉山 アゲハ亭」も公認ブロガーに登録され、これまた運良く森美術館で開催されている「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み」展関連パブリックプログラム「英国現代美術を知る」講演会の招待を受けました。
昨日(17日)、『「拡張された彫刻」から「ニュー・ブリティッシュ・スカルプチュア」へ』と題された塩田純一氏の講演会に参加しました。
講演では、既成概念の台座の上に立つ彫刻から、従来の彫刻のイメージを打破して60年代「拡張する彫刻」時代へ突入し、その後ターナー賞が創設される80年代、イメージの復活をキーワードにした「ニュー・ブリティッシュ・スカルプチュア」の時代に発展する大きな潮流を解説していただきました。
「拡張された彫刻」という中には、台座をなくし床に直置きにする、ミニマリズムの影響を受けアンソニー・カロや身体表現・パフォーマンスをも彫刻としたギルバート&ジョージ。自然に何らかの印を付けるのリチャード・ロング。(塩田氏は、アメリカのロバート・スミッソンのアースワークとの類似点があるかも知れないが、決定的に異なるのは物量であり、ロングの作品は時間とともに消滅するという点もイギリス的と言えると指摘された)70年代になると、形がどのようにでも変形する布や砂を詰めた袋を使ったバリー・フラナガン。氷を使ったブルース・マクリーン。自然派と言われる枯れ木を使ったデビット・ナッシュ。
このような彫刻の拡張への反動、一層の展開が、80年代の「ニュー・ブリティッシュ・スカルプチュア」へとつながっていく。キーワードは、イメージ復活、物としての有機性の回復、物語性が共通している。
その中でも、プラゴミを使った色彩豊かな作品で印象的なトニー・クラッグ。身体の形、文学的要素を持ったリチャード・ディーコン。洗濯機をカットアウトしてポップなイメージを作るビル・ウッドロウ。インド人で宗教的なイメージ、宇宙を感じさせるアニッシュ・カプーア。人間のイメージにこだわり、食パンを積み重ねて人間の形に切り出したアンソニー・ゴムリー。その他、リチャード・ウエントワース、ジュリアン・オピー、デビッド・マック等が代表的な作家。
最後に、塩田氏は、ミニマリズムに関連して、英国と米国の現代美術の違いを、理論・コンセプトが先行するのが米国、自分たちの文化的な文脈のなかで読み替えてしなやかに創作して行くのが英国であると話されていました。
なかなか、有意義な楽しい2時間を過ごすことができました。この講演会、3回シリーズの1回目ですが、次回は自費で行っても良いかなとも思っています。

2008年05月17日

「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み」展 森美術館

待ちに待った、今年一番期待していた展覧会です。
素人目に、注目作品は、やはりデミアン・ハーストの「母と子、分断されて」。
素朴な疑問ですが、どうやってあんなにきれいに真っ二つに出来たのでしょうか?
ホルマリンのニオイもしません。ただのホルマリン漬けではないように思えます。
単なる野次馬は、芸術的なアプローチよりも、そんなことが気になりました。
個人的には、絵画や彫刻の範疇に入らない映像作品に、より一層イギリスらしさを感じました。
ジリアン・ウェアリングの「60分間の沈黙」。マーク・ウォリンジャーの「スリーパー」。ジェレミー・デラーの「記憶のバケツ」。特に、「記憶のバケツ」の後半、何千何万のコウモリが日暮れに洞窟を飛び立つシーンは、実に印象的でした。
turner

2008年05月16日

「つなぎのネコ」

昼寝中。
ちょっと、手抜きです。
080294

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2008年05月15日

今日のCD 「Little Grey Sheep / Danny Schmidt」

Danny Schmidt、テキサスのSSW(シンガーソングライター)ということぐらいか知りません。
ジャケットが面白そうで買いました。
表とつながった裏の絵柄がなかなか良いですね。
ジャケット同様、中身も良いですよ。
danny2danny1

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月14日

上山口の自然 「オオジシバリ」

080496

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月13日

子安の自然 「タニウツギ」

子安の里というか湘南国際村を流れる関根川の河岸に咲いていました。
080524080526

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月12日

「ナツミカン」

葉山に昔からある果樹といったらナツミカン。
すっぱくて口が曲がるようなナツミカンがどこにでも植えてありました。
080538

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月11日

「森戸神社のネコ」

雨で題材が枯渇しました。
つなぎのネコ。
ピントも合っていないなあ。
080374

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2008年05月10日

「トカゲ」

庭の草むらにとぐろを巻いたトカゲがいました。バアサンの話だと、昨日は柿の木に1メートルぐらいのアオダイショウがぶら下がっていたそうです。爬虫類の季節です。
080297

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2008年05月09日

上山口の自然 「マルバウツギ」

080512

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月08日

上山口の自然 「スジグロシロチョウ」

080220080492

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2008年05月07日

上山口の自然 「フタスジモンカゲロウ」

小型のカゲロウです。
フライフィッシング用毛ばりのお手本になりそうな姿です。
080518

2008年05月06日

上山口の自然 「ニシカワトンボ」

080331080345

2008年05月05日

上山口の自然 「フジの花」

田んぼのあぜ道沿いに咲いたフジの花。
080465

jnks1951 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月04日

森戸海岸の自然 「コマツヨイグサ」

インカレや大学のヨット部の合宿が終わると、葉山も夏です。
夏向きのコマツヨイグサがもう咲いていました。
080400

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月03日

「連休後半初日の森戸海岸」

連休前半も後半も無関係な生活ですが、連休後半初日の森戸海岸です。
080379

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

上山口の自然 「カルガモ」

この休耕田に住み着いたみたいです。
080316080277

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鳥の仲間 

2008年05月02日

上山口の自然 「ヒメジョオン」

ヒメジョオン、絶滅とか全然関係なく元気にどこにでも咲いています。
4月21日のブログに載せたエビネは、消えてしまいました。
誰かに採取されたのか穴だけ残っていました。
080226

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2008年05月01日

上山口の自然 「ヘリグロベニカミキリ」

ソラマメの葉の中に隠れていました。
080263

jnks1951 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間