2008年09月

2008年09月08日

森戸神社 お祭り

毎年9月7、8日は、葉山森戸神社のお祭り。
今朝、10時の森戸海岸。昨夜の雷雨がウソのようないい天気になりました。
082639

jnks1951 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

「ディスロケイト08(アート・テクノロジー・ロカリティ メディアアートプロジェクト)」展 創造空間9001(桜木町)+ZAIM(関内)

創造空間9001での展示が行われる最終日(9月7日)に行って来ました。
創造空間9001は、昔の東横線桜木町駅の駅舎でJRの桜木町駅の横です。
ここは、一部の展示のほかに、アーティスト・トークやワークショップに使われていました。
偶然か、中国の上海を題材にしたビデオの2作品が並んで展示してありました。
DFUSEの「Brilliant City」
上海の高層住宅の34階から見える地上の風景を、カメラで捉えた映像です。学校の校庭に整列する生徒や体操する様子。軍隊の訓練、建設工事現場。撮影されている人々は、撮影されていることなど何も認識していないでしょう。カメラは、「ジーッ」と言う機械音と共に前後左右上下に動き、コマが飛んでぎこちない人の動きは、まさに監視カメラのイメージです。(作者のHPで本作品を観る事が出来ます)
DFUSEのHP 

ZHENCHEN LIUの「Under Construction」
上海の発展に伴って、地域再開発のために強制的に多くの地域住民を退去させられている。撤去し壊された家を、実写とアニメーションでつないだ映像は、灰色をした暗い空を背景に奇妙な美しさも感じさせます。空中に浮かんだような観客視線は、ゲームの映像の中を浮遊するのと何処か似ています。
ZHENCHEN LIUのHP

もう一つの会場のZAIM(関内)は、2階のフローを使って展示されていましたが、まだ、現場制作中の作品もあって、もう少し後に行って方が良かったかもしれません。

限られた展示の中では、横浜スタジアム側の展示室に展示されている津田道子と渡辺水季の作品が、非常に新鮮でした。デジタル万能の表現が主流のなかで、敢えて人を介在させるアナログ表現でデジタルには出来ない表現を目指しているように思えました。

二人とも、横浜に出来た東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻を今年卒業した1期生です。今回の展示作品の原点となった卒業制作は、ここで見ることが出来ます。
「東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻一期生修了制作展」
9月15日には、二人そろってアーティスト・トークを行うので、ぜひ直接話を聞きたいと思います。

ディスロケイト08のHP
UK-JAPAN 2008の公認イベントの紹介HP
disa082614

2008年09月07日

「ANEMO」(BRITISH MUSIC 08第一弾)

UK-JAPAN 08の企画「BRITISH MUSIC 08第一弾」で紹介された「ANEMO」。
一押しバンドとして投票したバンドです。
メーリングリストに登録したら昨日、二作目のCDからシングルカットされる曲「Music Box」のミュージック・ビデオが出来たとメールが入りましたので以下に貼り付けました。

二作目のCDのタイトルは、「Stentrion」(大声のという意味)。
タイトルどおり、一作目より「DARKER, STRONGER and LOUDER」を目指すと宣言してますが、既にシングル発売されている味方の誤爆をテーマにした「Prey」や、薬物中毒とか暗いテーマが多くなりそうです。ちょっと肩に力入りすぎじゃないのと心配になりますが、STRONGER、LOUDERと言うことでは、期待したいですね。



ANEMOのオフィシャルHP
ANEMOのMYSPACE.COM
CITY CANYONS RECORDSのHP

【昨日受け取ったメールのコピーです】
Hi everyone

With a huge thanks to everyone who helped in the making of the music
video for the new ANEMO single "MusicBox", we can finally announce that
the video is up on YouTube. You can find it at:

http://uk.youtube.com/watch?v=AdU5Nqf7sKo

The single itself will be released on 29 September. More news to follow
on that later. Do let us know what you think of the video!!! A big
thanks to Will and Dom at Fractured who produced the video for us.

Hazelle, Kingsley, Matt, Erika, Dan and Mike

***************************************
ANEMO
PO Box 2873
Brighton, BN1 7LQ
United Kingdom

2008年09月06日

上山口の自然 「下山川の魚」

下山川の川岸まで降りてみると、川に何か小型の魚が群れています。
コイは、よく見かけますし、アユが上って来るというのも噂に聞いた事がありますが、この魚は何でしょう?
082575

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 水棲動物 

2008年09月05日

「アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―」展(その2) 国立新美術館

前回は、ビデオ作品やパフォーマンスの記録ビデオについてだけになってしまいましたが、絵画だって、造形作品だってなかなかいいものがあります。

張 暁剛の「血縁」シリーズ。
映画「胡同のひまわり」のなかで主人公の画家が描く作品として登場して、一段と知名度がアップした作家です。
「血縁」シリーズのヒントは、昔、写真館で撮った家族の写真です。確かに写真館の記念写真は、どの顔を見ても、修整を加えているのか皺一つないのっぺりした表情をしています。70年代の中国社会は、どんな組織単位でも、大きな家族と同じようだったのでしょうね。家長がいて、その下で抑圧されて生けなければならない、個々人の自由などはありえない時代だった。そんなことが、暗い色を基調とする画面から伝わってきます。
今回、展示された作品には、家族が赤い糸のようなもので繋がっていて、画面の上部に楽譜ようなもの(どちらかというとタブ譜)が数小節描かれています。絶対、何か特別な曲だと思うのですが分かりません。

孫原・彭禹の「老人ホーム」。
この展覧会の目玉として、色々なところで紹介されていますが、聞くのと見るのではずいぶん違います。あまり説明も要らないのかも知れませんが、センサーのついた自動運転される車椅子にのった13人の老人が、会場の中を、動き回っているというものです。何で、13人なのかというのが、まだ分からないのですが。
13体の年寄りに似せて作った精巧な人形は、ベースはみんな同じ顔です。帽子や髭、めがねで変化をつけているだけで中身は同じです。「生」というものは感じません。死体を乗せた電動車椅子が、ゆっくりとしたスピードで、ぶつかっては向きを変えてぐるぐる回っているイメージです。
日本語の新聞を持っているのが、日本人だろうと思います。ただ、人形の雰囲気は、日本人じゃないですね。もともと、13人に日本人は入っていなかったのかもしれません。

張 洹の「池の水位を上げる」。
これも、パフォーマンスのビデオ映像ですね。張 洹は、3つのビデオ作品が展示されていますが、これが一番大掛りな作品です。大きなため池のようなところに何人かの人間が入って、池の水位を上げるという趣向です。作者の意図するところは、ストレートに伝わってきます。
それ以上に素晴らしいのは、このパフォーマンスの演出ですね。先にその他大勢が、四方の岸から池に入って決められた配置につくと、やおら張 洹が、赤ん坊を肩車して配置についた人並みの後ろから登場してくるという映像は、なかなか決まっています。もともと、スキンヘッドの張 洹って俳優にしても良いような容姿の持ち主ですから絵になるんでしょうね。
(このため池、人が動くとフナみたいな魚がそこらじゅうで飛び跳ねます。非常に魚影が濃いですね)

アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―
2008年8月20日〜10月20日
国立新美術館 企画展示室2E
国立新美術館の展覧会情報

china2

2008年09月04日

上山口の自然 「オオフタオビドロバチ」

スズメバチの仲間です。鮮やかな黄色い2本線が目印です。
082369

2008年09月03日

上山口の自然 「シオカラトンボ」

シオカラトンボが目立つ季節になりました。
082329

2008年09月02日

上山口の自然 「キタテハ」

キタテハって、夏の終わり頃によく見かけるような気がします。
082300

2008年09月01日

「アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―」展(その1) 国立新美術館

「現代美術」と言わずに「アヴァンギャルド」と言ったところがポイントですね。
文化的な鎖国状態にあった中国が、1989年の天安門事件以降、急速に改革開放、発展していく中国経済と共に中国美術界も飛躍的に改革開放が進んで、この20年の間に過去の遅れを取りました。
他国の表現の自由を保障された中での現代美術の発展と比較すると、中国では表現の自由に勝ち取ることが一番のテーマだったのではないでしょうか。自由を勝ち取る戦いとして「アヴァンギャルド」=「前衛」という表現が、一番ぴったりしているのかも知れません。

感想を簡単に言うと「面白かった」、「分かりやすい」、「懐かしい」の3つに集約されます。

張 培力の「衛生 3」。ビデオ作品ですが、汚いホーローの洗面器にニワトリを入れて、石鹸(昔あった固形の洗濯石鹸)で、37分間洗う作業を続けます。羽が石鹸の泡だらけにビデオが終わります。非常に象徴的な作品です。

馬 六明の「芬・馬 六明の午餐」。パフォーマンスの記録ビデオ作品。化粧をして女性と見違えるような馬 六明が、魚を料理して食べて残った骨を水槽に戻すという映像ですが、そこに映った観客・立会人の表情に釘付けになってしまいました。70年代の日本の若者そっくりです。パフォーマンスを凝視しているぎらぎらした目。ゲリラ的に行っているパフォーマンス、いつ摘発されるか分からない緊張感が、ボロボロの解像度の低いビデオから伝わってきます。

楊 振中の「I WILL DIE」。これもビデオ作品ですが、部屋の両側の壁に5台づつビデオスクリ−ンを向かい合わせにおいて、世界各地で撮影したビデオをエンドレスで流します。世界各地で人々に「I WILL DIE」という台詞を言わせてその反応、表情を捉えたビデオです。戸惑う人、笑う人、演じて倒れこむ人、何か不思議な感動を覚える作品です。

感想を書いていったら、ビデオ作品ばかりに集中してしまいました。
絵画やその他の作品は、また次回にします。

アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―
2008年8月20日〜10月20日
国立新美術館 企画展示室2E
国立新美術館の展覧会情報
china