2009年03月

2009年03月31日

子安の里 「サクラ+ミツバチ」

サクラとミツバチ。
IMG_1503IMG_1507

上山口の自然 「モンシロチョウ」

先週は、テングチョウ。
今週は、どこでもモンシロチョウが見れるようになりました。
このモンシロチョウ、害鳥よけのネットに引っかかっていたので、撮影後逃がしてやりました。
IMG_1464

jnks1951 at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2009年03月30日

上山口の自然 「スミレ+タンポポ」

春です。
スミレとタンポポ。
IMG_1370IMG_1468

jnks1951 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年03月29日

「オオキンカメムシ+ブルーベリー」

庭の紅葉したブルーベリーの葉にしがみ付いて越冬していたオオキンカメムシ。
無事に一冬越せたようです。(動かないので生死がハッキリしませんが)
ブルーベリーにつぼみが付きました。
IMG_1516IMG_1511

2009年03月28日

「葉山ホタルの会、月例会」

「葉山ホタルの会」の月例会。
猪股川奥の、昔田んぼだったところの笹を刈り取って、ヘイケボタルが生息しやすい環境整備作業です。
田んぼの名残の湿地状態の場所もいくらか残っていました。
あぜ道だった場所に自生した木も切り倒しましたが、全部終わらせるには相当時間がかかりそうです。
IMG_1350

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2009年03月27日

上山口の自然 「オオハナアブ+タンポポ」

ずんぐりした形の愛嬌のあるアブです。
ハナアブですから刺されることもないし安全です。
IMG_1279IMG_1281

2009年03月26日

上山口の自然 「ヤマトシリアゲ」

小川の小石の上でひなたぼっこ中のようです。
まるでサソリの尻尾みたいな格好をした不思議な虫です。
IMG_1218

2009年03月25日

「森戸海岸の浜ネコシリーズ后

船乗りネコ。
IMG_1174IMG_1179

jnks1951 at 02:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

上山口の自然 「タチツボスミレ」

谷戸の奥の竹林へ、竹の子が出たか見に行きました。
竹の子は、まだ早いようでしたが、竹林の際にタチツボスミレが群生していました。
IMG_1258IMG_1261

jnks1951 at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年03月24日

上山口の自然 「アケビ+ニリンソウ」

あっという間に春ですね。
まだ、満開じゃありませんが、アケビもニリンソウも咲き始めました。
IMG_1292IMG_1246

jnks1951 at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年03月23日

「森戸海岸の浜ネコシリーズ検

舌だし黒ネコ。
胴体と頭で毛の感じが違うような気がしますが。
IMG_1184IMG_1196

jnks1951 at 02:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

上山口の自然 「テングチョウ」

今シーズン、最初の蝶は、テングチョウでした。
越冬が終わって一斉に出てきたみたいで、色々なところで飛んでいました。
IMG_1228

jnks1951 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2009年03月22日

森戸海岸 「ワカメ干し+ハマダイコン」

そろそろ、ワカメのシーズン終了でしょうか。
最後のワカメ干し。
入れ替わるように、ハマダイコンの花が咲き始めました。
IMG_1199IMG_1188

jnks1951 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年03月21日

「お彼岸の森戸海岸」

暖かくなって、海も穏やか、のんびりして、最高の季節ですね。
IMG_1204

jnks1951 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

お彼岸:秋谷のお花畑

今日は、お彼岸。
午前中、東中野のお寺へお墓参りに行って、午後は、秋谷へお墓参り。
一日2ヶ所は、つらいですね。
雨も止んで、秋谷のお花畑も春の花が盛りです。
そばには、桃の花も。
IMG_1166IMG_1167

jnks1951 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横須賀・三浦地域情報 

2009年03月20日

「森戸海岸の浜ネコシリーズ掘

三匹三様、舌だしネコ。
IMG_1133-1

jnks1951 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2009年03月19日

「森戸海岸の浜ネコシリーズ供

目つきの悪い3ネコの日向ぼっこ。
IMG_1146-1

jnks1951 at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2009年03月18日

「森戸海岸の浜ネコシリーズ機

気持ちが良いと舌が出ます。
IMG_1123

jnks1951 at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2009年03月17日

「タイワンリス」

数年前までは、家の近くでタイワンリスを見かけることもなかったのですが、いまやこの有様。
近寄っても逃げようともせず我が物顔で電線を伝って行き来しています。
こうやってみるとかなりネズミ顔ですね。
ネズミの尻尾を膨らませるとリスになる?
IMG_1099IMG_1115

jnks1951 at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 犬・猫・その他哺乳動物 

2009年03月16日

「嵐の後」

波浪警報の出た春の嵐の後、電柱の足場のボルトが不動産会社の案内版に突き刺さっていました。
金属製の案内板ですが見事に穴があいています。
IMG_0996IMG_0994

jnks1951 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2009年03月15日

「森戸海岸の夕日:3月14日」

15時半過ぎ、波浪警報が解除されました。
まだ、雲も厚く、波もうねりの残った海は、刻々と表情を変えます。

まるで名島の鳥居に波しぶきがかかるよう防波堤に押し寄せる波。
IMG_1011-1IMG_1031











左に名島、右に江ノ島。ちょうど真ん中に太陽が沈んでいくようです。
IMG_1033











日没近く富士山にかかった雲が晴れ始めました。日が沈んだ直後、富士山のシルエットがくっきり浮かび上がりました。
IMG_1081IMG_1087

jnks1951 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2009年03月14日

日本橋のツクシ

「日本橋」、東京の真ん中にある「日本橋」と言うよりも、
日本の真ん中にある「日本橋」の脇の植え込みにツクシが生えていました。
IMG_0986-1

jnks1951 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年03月13日

「アジアとヨーロッパの肖像」展 神奈川県立近代美術館 葉山

面白い企画だと思います。
時代毎に、AA(アジアから見たアジア)、EE(ヨーロッパから見たヨーロッパ)、AE(アジアからみたヨーロッパ)とEA(ヨーロッパから見たアジア)で肖像画を分類してみせるのですが、最後はごちゃごちゃになって、AA、EE、AE、EAのどれだか分からなくなってしまう。

展示されている中では、1900年頃の英国へ公演で渡ったサーカス「山本小芳一座」の公演ポスター、チェン・リージィの「幸福な時代」、チャイナ・トレード・ペインティングの一枚「貴婦人像」などが印象に残りましたが、後の2作品は、福岡アジア美術館の所蔵品。
福岡アジア美術館も、なかなか面白そうなところです。

神奈川県立近代美術館のHP
IMG_00011

jnks1951 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月12日

「アーティスト・ファイル2009−現代の作家たち」展 国立新美術館(六本木)

毎年恒例の展覧会です。
今回選ばれた9人のアーティストの中で印象的だった作家は、「宮永愛子」と「齋藤芽生」の二人です。
ナフタリン臭で充満した展示場でみる「宮永愛子」のナフタリンの靴。「齋藤芽生」の怪しい「四畳半みくじ」インスタレーション。
特に「齋藤芽生」の毒々しさは最高です。4月18日のアーティスト・トークは、ぜひ参加したいですね。

齋藤芽生のオフィシャルHP
宮永愛子のオフィシャルHP
平川滋子のオフィシャルHP

国立新美術館のHP
右の写真は、美術館の外に展示された平川滋子の「光合成の木」(木にぶら下げられた円盤は、日光が当たると紫色に変化します)
IMG_00032IMG_0867

2009年03月11日

「生活と芸術−アーツ&クラフツ」展 東京都美術館(上野)

UK-Japan2008の公認イベントになっている「生活と芸術−アーツ&クラフツ展」へ行ってきました。
パナソニック電工 汐留ミュージアムで昨年11月から年明けまで開催されていた「アーツ・アンド・クラフツ〈イギリス・アメリカ〉展」と被るところもありますが、今回は「民芸」まで取り上げたこともあってかなりの人出です。
日本人の感性にあっているんでしょうね。
でも、よく観察すると、観客はモリス派と民芸派の2通りに分かれるみたいです。
何が違うのかうまく説明できないのですが、いずれにしても両派に共通しているのは、ウィリアム・モリスの「役にたたないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」と言う言葉に尽きるのかもしれません。
(「お前もだ!」って言われそうな不安のある言葉ですが....)

東京都美術館のHP

IMG

2009年03月10日

上山口の自然 「ニホンアカガエル」

3月7日、雨上がりの小川にペアリング中のニホンアカガエル(?)を発見。
水中で枯葉の陰に隠れていたのですが、枯葉をどけるとこんな格好。
下がメスで上がオスなんだと思うのですが、色がずいぶん違いませんか?
下は、アカガエルだと思うのですが、上でしがみ付いてるのがどうもイボの感じも違うようで....
IMG_0946IMG_0951

jnks1951 at 01:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」展(続報) 原美術館(品川)

「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」展が、5月10日まで会期延長になったそうです。
昨年12月始まったころは、二階の展示室から見る原美術館の庭はちょうど遅い紅葉の真っ盛りでした。
桜や新緑の光が差し込む中で観るジム ランビーもまた違った趣で楽しそうですね。
好評とはいえ、なかなか好判断の会期延長ですね。

12月16日のブログ記事
12月17日のブログ記事

住所 東京都品川区北品川4-7-25(JR品川駅高輪口より徒歩15分)
日程 2008年12月13日〜2009年5月10日
時間 11:00-17:00(水曜日は8:00pmまで開館)
料金 一般1,000円/大高生700円/小中生500円
休館日 月曜日
原美術館のHP
084552

jnks1951 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) UK-Japan2008 

2009年03月09日

上山口の自然 「ツクシ」

雨があがったとたんに、出てきました。
去年は、3月21日付けのブログに投稿してます。
やっぱり、暖冬、春が早いようです。
IMG_0939IMG_0942

jnks1951 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 身近な植物 

2009年03月08日

上山口の自然 「ニホンアカガエル」

葉山、ホタルの会が掘った池に、アカガエルが産卵のために集まってきました。
オスが、水面に浮かんでお目当てのメスが来るのを待っているようです。
開脚した格好がなんとも無防備です。
IMG_0971-1IMG_0974

jnks1951 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

「ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー」展 メゾンエルメス 8階フォーラム(銀座)

展示されている作品は、2つ。
2001年のジャネット・カーディフの作品「40声のモテット」がメイン。
展示スペースの周りを囲んだ40個のスピーカーから流れる5声×8群=40声の宗教曲を聴くというもの。
左右のスピーカーから混ざりあって出てくるステレオみたいな音ではなくて、40人の声を40個のスピーカーで別々に出すというものです。
演奏前の、咳払いとか話し声とかも入っていて、真ん中に立つと、40人の合唱団の真ん中に居るように錯覚します。
40声の合唱曲を作曲するのも驚異的ですが(イギリス人トマス・タリスの1573年の作品)、声が波のように押し寄せたり、別の群に移動したりと、見たことはないのですが3Dシアターみたいです。
もうひとつは、「ナイト・カヌーイング」。
夜中、カヌーに乗ってサーチライトを頼りに湖を回るというもの。念入りに真っ暗にした映写室のなかで、オールを漕ぐ音だけしか聞こえないループし続けるビデオを見ていると、自分がカヌーに乗っているような感じになってきます。

Janet CardiffとGeorge Bures MillerのHP
「ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー」展
2009年05月17日(日)まで(除く3/17)
月〜土/11:00-20:00 日/11:00-19:00
入場無料 メゾンエルメス 東京都中央区銀座 5-4-1
IMG_0898

2009年03月07日

「森戸海岸 3月7日午前6時」

久しぶりのスズキ釣り。
雨の後のあさまずめ、潮は良くないが何とかと期待したものの。
UK-Japan2008で運を使い果たしたのか。
残ったのは、寒さだけ。
IMG_0904

2009年03月06日

「UK-Japan 2008閉幕式(続き)」

昨年、日英の外交関係成立150周年を記念して開催された「UK-Japan 2008」の閉幕式と日英共同プロジェクト助成金受賞式へご招待いただき、英国大使館大使公邸へうかがいました。

IMG_0869IMG_0883









IMG_0874IMG_0893-1









昨年一年間に300を越える関連イベントが開催され、関連イベントに実際に参加したり、英国の文化芸術等に関連する記事を、このブログに掲載するといった活動を続けてきました。

 特に、7月1日の「デービッド・ミリバンド英外相との対話」10月28日の「Innovation and Conservation」(英国皇太子スピーチイベント)は、印象深いものでした。    

1年間で940名の公認ブロガーが登録され、私を含めてトップ10にランクされたブロガーに対して、高円宮妃ご臨席のもと、ディビッド・ウォレン駐日英国大使より、直接感謝状をいただきました。(大体、賞状なんて卒業証書以外にめったにないのでちょっと恥ずかしいですね)

私を含めて9名のブロガーが招待されました。
大半のブロガーは初対面でしたが、UK-Japan2008のサイト上では顔なじみみたいなもので「あっ!××さんですね。読んでます」と××のところは、本名ではなくてブログタイトルで呼び合う仲です。
書いているブログの分野や年齢が、異なっていても不思議と話が弾んで、楽しく有意義な異文化交流の機会になりました。
これからもこのような交流を続けていければ素晴らしいことだと思います。

最後に、ディビッド・ウォレン駐日英国大使に、閉幕式にご招待いただいたことのお礼を述べ、1986年から約5年間英国に滞在していたこと、子供たちも英国で育ち、英国には沢山の素晴らしい思い出があることをお話して大使館を後にしました。

「葉山 アゲハ亭」は、昨年2月に事務局から公認ブロガーへの案内を受けました。私のブログは、私が住んでいる葉山の自然のなかで生きている昆虫や草花を見た・見つけた記録が中心で、事務局の方は、環境保全・自然保護といった範疇にとらえてくださったようです。
しかし、実際に書いたブログは、音楽や、芸術が大半で、環境に関する記事は、ほとんどありません。チャールズ皇太子殿下の基調演説にあった地球温暖化への取り組みは、一年間のイベントで終わるものではなく、次のUK-Japan2058へ繋がるように継続してゆかなければならない事項です。
祭りが終わって「葉山 アゲハ亭」も、昔にもどります。

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0) UK-Japan2008 

2009年03月05日

「UK-Japan2008閉幕式」

昨年一年間公認ブロガーとして活動してきた「UK-Japan2008」の閉幕式に出席しました。(詳細は続報で)
UKJAPAN_0002

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(1) UK-Japan2008 

2009年03月04日

上山口の自然 「ツバキ」

ツバキのシーズン、長いですね。
IMG_0826

jnks1951 at 01:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年03月03日

上山口の自然 「モズ」

上山口小学校横の駐車場で、車の中からモズの写真が撮れました。
IMG_0829

jnks1951 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鳥の仲間