2009年06月

2009年06月30日

葉山 上山口の自然 「フタスジスズバチ」  

黒い体にくっきり二本の黄色い筋。
なかなか精悍な感じがします。
IMG_3270
クローバーの花と葉を組み合わせた何かが隠れていそうなところへ頭を入れて、幼虫に与える青虫を探しているところです。(フタスジスズバチは、筒のような巣に産卵し、羽化した幼虫の餌になるように青虫を集めます)IMG_3264

クローバーの葉を広げるとこんな青虫が巣を作っていました。
IMG_3289

2009年06月29日

今週のCD 「Deaths and Entrances / My Latest Novel」

グラスゴー出身の5人(Chris Deveney, Gary Deveney, Laura McFarlane, Paul McGeachy and Ryan King)の「MY LATEST NOVEL」の2枚目のアルバム。
最近こういうサウンドが、生理的に合うようになって来たみたいです。
どんなサウンドって聞かれてもなかなか説明できないのですが、ロックでありポップでもあるけども、それだけじゃない一味違う何かがあります。MYSPACE.COMでは聴けないのですが、オフィシャルHPの「NEWS」を探すと、スタジオライブ映像で、4曲の演奏を聴けますが、最後の曲「A Dear Green Place」のメロディーなんて、ロックの範疇ではありません。(これが一番のお気に入りですが)
その時代時代で音作りに流行とかがあるのかも知れませんが、言われているようなスコットランドの「Arcade Fire」といった印象は受けませんでした。十分に「MY LATEST NOVEL」の個性が発揮されたサウンドだと思います。
MY LATEST NOVELのMYSPACE.COM
MY LATEST NOVELのオフィシャルHP
maylatestnovel

葉山 上山口の自然 「ベニシジミ+ツバメシジミ」

常連のベニシジミと最近顔を見せるようになったツバメシジミ。
(このツバメシジミ、前回撮影したのと同じのかも知れません)
IMG_3256
IMG_3286

jnks1951 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2009年06月28日

葉山 上山口の自然 「ニホンアマガエル」

今年の子供ガエル。
なんで、葉っぱの上でじっとしてるんでしょうか。日が当たって乾燥しちゃいそうですけどね。のんびりしてるとヤマカガシの餌になっちゃうと思うのですが。
IMG_3329
IMG_3336IMG_3341

jnks1951 at 17:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2009年06月27日

葉山 上山口の自然 「カワトンボ」

トンボって、同じ種類でも色々なバリエーションがあってよく分かりません。もうひとくくり、「カワトンボ」です。
(最近、掲載している画像の鮮明度が落ちていると思うのですが、何に問題があるのでしょうか?やってる本人が分からなきゃ誰も分からないですよね)
IMG_3227

2009年06月26日

「アロイーズ」展 ワタリウム美術館(外苑前)

最近、よく聞かれるようになってきた既成の美術の概念から解放された「アール・ブリュット」(生の芸術)の原点を代表する一人であるアロイーズの作品展です。
ワタリウム美術館の2〜4階がピンク色で埋め尽くされています。
アロイーズの一番好きな色なんでしょうね。
ピンクだけではありません。どの作品も色彩が豊かで明るいです。
ちょうど同時代のイギリスのアウトサイダー・アーティストのマッジ・ギルとは、全然ちがいますね。
でも描かれている人物の目は、どれも透き通ったブルーです。お面にあけた目の穴のようです。アロイーズは、絵を描きながら絵の中の登場人物になっていたのかもしれません。ブルーの目はアロイーズの目かもしれません。
1886年、スイスに生まれ、ドイツの宮廷に仕え、精神を病んで1918年に入院、その後50年近くを病院で過ごし、1964年死去。その入院中に、これらの絵を描いたわけですが、絵が評判になって売れるようになると絵を描くことを強要されて、晩年体調を崩し死期を早めた原因にもなったようです。実際年齢的な衰えがあったにしても、晩年の作品には何か輝きが消えてしまったようです。

会期 :8月16日(日)まで
休館日:月曜日
時間 :11時〜19時(水曜日〜21時)
会場 :ワタリウム美術館
入場料:一般1,000円、学生800円(期間中何度でも入場できるパスポート制)
ワタリウム美術館のHP
aloise

2009年06月25日

葉山 上山口の自然 「ムラサキシキブ」

ムラサキシキブ、秋にはムラサキの小さな実になります。
IMG_3217

jnks1951 at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年06月24日

葉山 上山口 「梅雨のたんぼ」

梅雨の季節の田んぼ。真夏の田んぼより好きですね。
IMG_3241

稲の育ちも順調のようです。IMG_3231

jnks1951 at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2009年06月23日

今週のCD 「Journal for Plague Lovers / Manic Street Preachers」

1995年に失踪、昨年死亡宣告が出されたRichard Edwardsの詩を元に制作されたアルバムというのも凄いけど、CDのジャケットが抜群です。どこを見ているのか分からないうつろな眼差しと、こびりついた血が赤黒く光っているような半開きの唇。失踪したRichard Edwardsとダブります。
イギリスのYBAを代表するJenny Savilleの「Stare」と言う作品です。1994年の「THE HOLY BIBLE」のジャケットで使われている超メタボ3枚組絵も、Jenny Savilleの作品。この作品は、Richard Edwardsが失踪する前の最後の作品でもあります。

そしてジャケットの裏表紙にGeorge Bernard Shawの次の言葉が載っていました。
「A life spent making mistakes is not only more honorable but more useful than a life spent doing nothing. 」
肝心のCDの中身は、間違いなく★★★★★です。

Manic Street PreachersのオフィシャルHP
Manic Street PreachersのMYSPACE.COM
Jenny SavilleのアンオフィシャルHP
The Saatchi GalleryのJenny Saville
manicstreet

葉山 上山口の自然 「ネジバナ」

名前のとおりの「ねじりばな」ですが、こんな小さな花でもランの仲間です。
IMG_3237

jnks1951 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年06月22日

葉山 上山口の景色 「梅雨の棚田」

雨の中の棚田。
あんまり意味はないんですが、昨日は、夏至だったんですね。
IMG_3244

jnks1951 at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2009年06月21日

葉山ホタルの会 「公開観察会」 

昨日(20日)と先週の土曜日に、葉山ホタルの会の公開観察会を猪股川で行いなんとか無事に終了しました。
昨年までは、参加希望者には事前予約をお願いしていたのですが、多数の応募があってお断りするようなこともなかったので、今回は事前予約なしでやったところ、2回とも予想をはるかに上回る120人以上の方が参加されました。
そのため、近隣にお住まいの方には、駐車場への誘導の不手際や交通渋滞で、大変なご迷惑をおかけすることになってしまいました。
また、せっかく参加していただいた皆さんにも、案内するホタルの会のメンバーが少ないため、1グループ30人以上を案内することになり、十分な説明もすることも難しくなってしまいました。
「葉山にもホタルが生息している」という情報が広まったためか、ホタルの会の観察会以外でも、年々見学者が増えているようで、近隣だけではなく県外からわざわざ来られる方もいらっしゃるようです。
環境や自然保護に関心を寄せられる方が増えることは、良いことだとは思うのですが、さすがにホタルの会で案内できるキャパを超えていますし、安全の確保も容易ではないので、来年はまた事前予約制に戻さざるを得ないのかと思っています。
とにかく、「あれしちゃダメ、これしちゃダメ」と注意事項ばかりの説明を最後まで聞いて下さった皆さん、ありがとうございました。(昨日の観察会の集合写真。これでも全体の三分の一ぐらいです)
IMG_321201

jnks1951 at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2009年06月20日

葉山 上山口の自然 「ホソヒラタアブ」

空中でホバリングしてるところが撮りたいんですけどね。
IMG_314001

2009年06月19日

葉山 上山口の自然 「サビキコリ+トガリバアカネトラカミキリ+ゴマダラオトシブミ」

クリの木に集まる虫シリ−ズ、第二弾。
みんな小さな虫ばかりで、よく目を凝らしてみないと分かりません。
見えないところは、想像してください。
サビキコリ
IMG_3052
トガリバアカネトラカミキリ(どこで区切るのか難しい名前です。初登場)
IMG_3076
ゴマダラオトシブミ(二度目の登場ですが、この方が顔が良く分かります)
IMG_3083

jnks1951 at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2009年06月18日

葉山 上山口の自然 「オオヒラタシデムシ」

栗坪橋の上で発見。これも初登場。
枯れ草の下に隠れようとしたオオヒラタシデムシと大格闘。
見かけと違って、逃げ足が速いんです。
何となく素手では触りたくなくて、木の枝で行く手をさえぎってようやく撮影できました。
IMG_3120

jnks1951 at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2009年06月17日

葉山 上山口の自然 「トホシオサゾウムシ」

トホシオサゾウムシ。実物のほうが綺麗なあずき色です。
初登場かも。斑点が10個もないように思えますが。
IMG_3110

jnks1951 at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2009年06月16日

今週のCD 「Foul Cheer / The Late Parade」

以前、衝動買いしたKyteの「Science For The Living」にオマケで付いていた金沢のRallye Labelのサンプラーに収録されていた「Foul Cheer」が気に入って買ってしまいました。
どうなっているのか音楽事情が皆目見当もつかないデンマークのグループ。
本国でCDデビューの前に日本で先行制作された寄せ集めみたいなCDですが、CDを聴く限りは、誰も真似の出来ない彼らの世界が完成しているような感じがします。
このCDのジャケットも、印象的です。以前店頭で見て気になっていました。
ジャケットのイラストは、絵本作家の酒井駒子。
The Late ParadeのMYSPACE.COM
金沢のRallye LabelのHP
thelateparade

葉山 上山口の自然 「ホタルブクロ+ツユクサ+ナツグミ」

ホタルブクロ
IMG_3040
ツユクサ
IMG_3099
ナツグミ
IMG_3162

jnks1951 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年06月15日

葉山 上山口の自然 「ベニシジミ」 

今週は、どこへ行ってもベニシジミが飛んでいました。
IMG_3062

IMG_3160

jnks1951 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2009年06月14日

葉山 上山口の自然 「ルリシジミ+サトキマダラヒカゲ+ウラギンシジミ」

ルリシジミも増えてきました。
IMG_3168
サトキマダラヒカゲ(初登場かな)
IMG_3095
ウラギンシジミ(ちゃんと止まっているところの写真です)
IMG_3127

jnks1951 at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

葉山 上山口の自然 「ツバメシジミ」

初登場。
ちょうどクローバーの花に産卵しているところでした。
IMG_3145

IMG_3149

jnks1951 at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2009年06月13日

葉山 上山口の自然 「コウゾ」

コウゾ、ミツマタの「コウゾ」です。
和紙の原料で、クワの仲間。実もクワに似ていて甘みもありますが、食べにくく人気はないですね。
(ブログのスタイルをもう一段変更しました。サムネイルを止めたついでに、幅を広げて掲載写真の大きさを横600pxにしました。どんな感じですか?)
IMG_3105

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2009年06月12日

葉山 森戸海岸 「梅雨の晴れ間」

梅雨の晴れ間の森戸海岸の夕日。
IMG_3034




















海の家も準備を始めました。(気分を変えてサムネイルなしで写真を掲示してみましたがどうでしょうか)
IMG_3036


jnks1951 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2009年06月11日

葉山 上山口の自然 「ウラギンシジミ」

ウラギンシジミ、お気に入りのチョウです。
地面近くを飛んでいるところが、うまい具合に画面の中に入りました。
羽の裏と表の落差というかアンバランスが良いですね。
横からみた羽の形もちょっと変わっています。
IMG_3021IMG_3020

jnks1951 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2009年06月10日

葉山 上山口の自然 「テングチョウ」

テングチョウが大発生していました。
去年もこの時期、大量発生していたと思います。
いっぺんに羽化してしまうのでしょうか。
IMG_2955

jnks1951 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

葉山 上山口の自然 「オオトビサシガメ」

カメムシ続きです。
クリの花が咲く時期、集まってくる昆虫を狙って、カメムシも集まってくるようです。
大型の肉食系のカメムシ。レンズに向かって威嚇しているようなポーズです。
IMG_2999IMG_2987

2009年06月09日

葉山 上山口の自然 「アカサシガメ」

今度は、アカサシガメがカミキリムシを捕まえたところ。
あまりうまく撮れていないのですが、カミキリムシの体液を吸うためのアカサシガメの太い口が伸びているのが見えます。
IMG_2972

葉山 上山口の自然 「ヒメカメノコテントウ」

これまた、クリの葉に止まっていました。初登場。
小さいもの続きですね。
このテントウムシも同じ種類でも色々な模様がですようです。
IMG_2981

jnks1951 at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

葉山 上山口の自然 「ヤマトアシナガバチ」

ヤマトアシナガバチが、捕獲した青虫をさばいているところ。
彼らは、青虫を捕まえて、内臓はあまり好みではないようで、内臓を抜いて剥いだ皮を団子状態にしているようです。
IMG_3015_1IMG_3007_1

2009年06月08日

今週のCD 「Animals in the Dark / William Elliott Whitmore」

最近、今週のCDやってませんでした。
久しぶりに、1枚紹介。
渋いです。ジャケットも気に入ってます。
以前、「Song Of The Blackbird」というCDを紹介したことがありますが、百聞は一見にしかずということで、MYSPACE.COMで聴いていただいたほうがいいかもしれません。
William Elliott WhitmoreのオフィシャルHP
William Elliott WhitmoreのMYSPACE.COM
williamelliott

葉山 上山口の自然 「ゴマダラオトシブミ」

初めて登場。
食草のクリの葉にいました。
IMG_2970IMG_2969

jnks1951 at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2009年06月07日

葉山 上山口の自然 「アカスジカメムシ+ビロウドハマキ」

どちらかと言うと嫌われ者の昆虫たち。
嫌われ者のほうが派手ですね。
IMG_2820IMG_2862

2009年06月06日

葉山ホタルの会 「新沢観察会」 

今日は、午前中で雨も上がって、ちょっと気温は低いものの、絶好のホタル日和になりました。
今日の観察場所は、新沢。水温16.3度、気温18度。
ダムの上流では、ほとんど確認できませんでしたが、ダムの直下で、ゲンジボタルを約40匹ほど確認。
久しぶりに乱舞してところを見ることができました。
IMG_2928IMG_2932

jnks1951 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

葉山 上山口の自然 「ゲンノショウコ」

本来夏の花ですよね?
まだ、シーズンじゃありませんが、咲いていたので。
IMG_2836IMG_2838

jnks1951 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

葉山 上山口の自然 「コジャノメ?+ヒメジャノメ?」

きっと、どっちかだとは思うのですが、よく分かりません。
図鑑をみても羽広げた図ばかりで、羽閉じた図鑑ってありません。
IMG_2805IMG_2808IMG_2846

jnks1951 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間