2011年03月

2011年03月31日

庭の花 「3月」

RES01235RES01280
RES01266RES01260
RES01263RES01240

jnks1951 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月30日

「ギボウシ(ホスタ)の栽培 第二十回」

何の写真だか見当つきませんね。
昨年11月25日の記事以来です。
昨年種から育てたギボウシが、なんとか冬を乗り越えて芽を出し始めました。
約1センチ。
今年一年でどこまで大きくなってくれるのか。
RES01289

jnks1951 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ギボウシ(ホスタ)の栽培 

2011年03月29日

「上野公園のサクラ」

昨日、東京もサクラが開花したというので、上野公園へ。
上野広小路から上野公園の登り口の階段まで行きました。
ソメイヨシノはまだですね。つぼみがちょっとピンクに色づき始めたくらい。今週末でしょうか。
それでも、登り口の階段下の早咲きの桜が七分咲きでした。
RES01314
RES01293
RES01318


jnks1951 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京、その他の地方、海外 

2011年03月28日

葉山 上山口の自然 「ヤマアカガエルのオタマジャクシ」

今年は、ヤマアカガエルの産卵が少ないと思っていたら、先週の雨の後少し気温も上がってきて産卵を再開したようです。
プロジェクト面の湿地にできた水たまりに、産卵した卵です。
RES01125
以前産卵した卵からかえったオタマジャクシがかなり大きくなっています。
RES01156

jnks1951 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

2011年03月27日

葉山 「上山口寺前谷戸復元プロジェクトの景色−春-」

土曜日の寺前谷戸復元プロジェクトの様子です。
日差しも暖かくなって、田んぼ面全体に日が当たるようになりました。
水も澄んで、周囲にスギナやセリが生え始めました。
RES01119
最初に掘った池
RES01101
田んぼ用池の水も澄んでヤマアカガエルが産卵していました。
RES01121

jnks1951 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年03月26日

葉山 上山口の自然 「スミレ」

春になりました。
カメラも買い換えました。今までよりずっと良い写真が撮れそうな予感が。
RES01175

jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月25日

庭の花 「3月 続き」

3月、お彼岸も過ぎたのにこの寒さは一体なんでしょうか。
それでも、すこしづつ花が咲き始めました。
IMG_5808IMG_5796

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月24日

『アーティスト・ファイル2011―現代の作家たち』展 国立新美術館 (六本木)

国立新美術館の春の定番。今注目されているアーティストを集めた展覧会「アーティスト・ファイル」も今年で4回目です。
展覧会のポスターにもなっているビヨルン・メルフスの「夜番|ナイトウォッチ」も良いですが、3分20秒の短い作品ながらビデオ作品の「マーフィ」のほうが面白いですね。
暗い部屋でヘッドホンで映画の音響・効果音を聞きながら様々な光が点滅するスクリーンを見るというものです。
かなり危ない刺激を感じます。
「マーフィ」の元ネタは、1982年に製作されたアメリカ映画『ブルーサンダー』(Blue Thunder)の主役フランク・マーフィから来ているようです。
ベトナム帰りの警察ヘリのパイロット、マーフィと悪役となるベトナム時代の上官との空中戦の音です。
「マーフィ」の作品紹介

鬼頭健吾の広い会場に広がったスカーフを縫い合わせて作った巨大なタペストリー。松江泰治の本当は動いているけど動いていないように思える風景映像。
どこか大震災の映像とオーバーラップしてしまいました。

「アーティスト・ファイル2011―現代の作家たち」
(The NACT Annual Show of Contemporary Art)
会期: 〜2011年6月6日(月)
会場: 国立新美術館 企画展示室2E
国立新美術館のオフィシャルHP
artist2011_1

2011年03月23日

庭の花 「シャクヤクのつぼみ」

去年、大きくなったシャクナゲの根元から、日当たりの良い場所に移植しました。
何とか芽も出て、つぼみも付いて枯らさずに済んだようです。
さて、どこまで大きくなるか。
IMG_5810

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月22日

庭の花 「サンゴジュの新芽」

花じゃありませんが、サンゴジュの新芽が出始めました。
去年は、虫に食われてさんざんな目にあったので今年は、早め早めに対応しましょう。
雨が降ってまた一段と伸びるでしょう。
IMG_5851

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月21日

今日のDVD+CD 「40th Anniversary / Tower of Power」

towerofpower40years
2008年に、サンフランシスコのThe Fillmore Auditoriumで行われたTower of Powerの40周年記念ライブのDVDとCDのセット。

40年前、60年代後半にブラスロックというジャンルが生まれて、BST、シカゴ、チェイスと言ったバンドがデビューした中で、ちょっと毛色が違っていたのが、Tower of Powerでした。

ロックバンドと言うよりもファンクやR&Bバンドと言ったほうが正確かもしれません。

当時のサンフランシコ周辺には、個性豊かなバンドが数多く生まれましたが、その後40年以上それなりのレベル以上の活動を継続しているバンドは、このTower of Power以外にないでしょう。

ここ何年は、バンドの中心メンバーも高齢化し、来日してもライブ会場が「Blue Note Tokyo」では、Tower of Powerのイメージと合わなくて足も遠のき興味も薄らいでいたのですが、このDVD+CDを観て聴いてビックリ。

クスリや酒でボロボロになった時期もあったりと、上がったり下がったりローラーコースターみたいな40年でしたが、Tower of Powerのスタイルは不滅でした。

何十周年記念なんて言うと、どちらかと言うと同窓会の乗りのお気楽セッションみたいな先入観が先に立ちますが、このアルバムは違います。

昔から最強のライブバンドと折り紙つきでしたが、ライブで演奏するのが本当に好きなんだと思いますね。

曲ごとのお約束の振り付けも昔通り、もしかするとちょっと進化してるかもしれません。

Tower of Powerのスタイルって一言では言えないのですが、絶対にほかにない最強のリズム隊の存在によるところが大でしょう。David Garibaldiのドラムス、Francis "Rocco" Prestiaのベース、初期のころ在籍したChester Thompsonのハモンドが繰り広げるスピード感、躍動感にふれた高速リズムの嵐。

それだけだとどこかへ飛んで行ってしまうところを、Stephen "Doc" Kupkaのバリトンサックスが、アクセントになって手綱を締める、そんな構図になっていました。

このライブでは、Chester Thompsonも加わって往年のリズムセクションが完全復活。

ホーンセクションも、Greg Adams、Mic GilletteやSkip Mesquite等々が顔をそろえ圧巻。Skip Mesquiteは、このライブの後に亡くなって、これが最後の演奏になってしまいました。

Tower of Powerのライブ映像は、海外のテレビ局のスタジオライブや、2000年に「House of Blues」のサイトで公開されていたライブ映像ぐらいで、今回のDVDは絶対にお勧めのDVDです。

もう一つ、40年前、FillmoreにTower of Powerが初登場した時の開演時のバンド紹介の録音(亡くなったBill Grahamがやっています)を流して、MCの代わりにするところなんて、心憎い演出で上手いもんだと感心しました。

Tower of PowerのオフィシャルHP

以下の2つの映像は、Montreux Jazz Festival (2008年)の時のもので、この40周年ライブのメンバーに近いと思われます。



jnks1951 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 米国 ロック 

2011年03月20日

庭の花 「3月」

段々暖かくなって来ました。
ブログの材料が増えてきました。
IMG_5839IMG_5812
IMG_5799IMG_5798

jnks1951 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月19日

葉山 ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト・3月定例作業(縮小)」

3月19日、本当は、寺前谷戸復元プロジェクトの会員以外の方にも参加していただく定例作業だったのですが、諸般の事情で、会員だけで作業を行いました。
田んぼ用に掘った池の底を均して、深さを均等にしました。
来月は、サシバの飛来シーズンになるので作業はしない予定です。
IMG_5791
IMG_5787

jnks1951 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年03月18日

「首相官邸 災害対策のページへのリンクを張りました。」

カイワレ内閣とか言われてあまり評判の芳しくない内閣で、この未曾有の難局を乗り切れるのか不安ですが、今は任せるしかありません。
そんな国民の不安を知ってか、あるいは、情報化時代に起こった大災害のためか、政府の情報発信に対する取り組みは、以前に比べると格段に進歩したようです。
テレビ、ラジオ、新聞等で得られる情報だけでなく、このような政府から直接発信された情報にもアクセスして、冷静な判断、節度ある行動をする必要があるかもしれません。(反省を含めて)

と言うことでリンクを張りましたが、リンクの張り方の説明が、不親切。
バナー、サイズを変えて4種類も用意しているのにもったいない。
多くの国民にサイトの存在を知ってもらいと思うのでしたら、誰でも分かるように、ワンクリックで張れるような工夫が出来ないものでしょうか。

首相官邸災害対策のページ


jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年03月17日

庭の花 「3月の花 名前不詳」

イカリソウみたいな葉っぱですが、花が違います。
IMG_5761

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月16日

庭の花 「ツバキ」

IMG_5751IMG_5744
IMG_5740IMG_5735

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月15日

葉山 上山口の自然 「オオイヌノフグリ」

名前の由来は、果実の形にあるのですが、花の種類の少ない早春の原っぱの定番です。
IMG_5782

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月14日

葉山 上山口の自然 「ツクシ」

ツクシが顔を出し始めました。
IMG_5769

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月13日

葉山 「上山口寺前谷戸復元プロジェクトの景色」

適度に雨が降って、徐々に気温も上がってきてだんだん春らしくなってきました。

昨年掘った湿地の池も、新たに掘った田んぼ用地や貯水池も水が溜まり始めました。

ツバキの花も満開。

次の土曜日(3月19日)は、プロジェクトの作業日です。
IMG_57841


jnks1951 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年03月12日

庭の花 「3月 水仙 」 + 「東北地方太平洋沖地震」 +葉山 ホタルの会 「総会」

昨日(3月11日)は、三陸沖の巨大地震発生で帰宅できませんでした。
5階のオフィスの揺れは、大したことはないと思っていても、延々と続く揺れと余震にはまいりました。

電車も止まって、さすがに歩いて御徒町から葉山まで歩いて帰るわけにもいきません。
うとうとしても余震で起こされ熟睡も出来ず夜が明けました。

銀座線→都営浅草線→東京モノレール→京浜急行と乗り継いでなんとか逗子にたどり着きました。
(東京モノレールを加えたのは、都営浅草線が品川までいかないので泉岳寺から徒歩移動になるのが嫌で、大門から浜松町に出て東京モノレールで羽田から京浜急行に乗り継いだというオマケルートです)

寒空の下、オフィスを締め出されて帰宅難民にならなくてよかったのが何よりに救いです。

それにしても、JRってなんですか!?
なんで7時過ぎないと、運転できないんでしょうか?
絶対、おかしいと思います。

今日は、年に一度の「葉山 ホタルの会」の総会でしたが、さすがに欠席しました。

IMG_5731

jnks1951 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月11日

庭の花 「3月 梅」

湯島天神の後では、ちょっと恥ずかしい数輪しか咲かない梅の木です。
もう相当ボロボロなのによくもっています。
IMG_5746


jnks1951 at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月10日

「湯島天神」

毎年恒例の湯島天神の観梅です。
夜桜ならぬ夜梅です。
この季節、観梅だけでなく入学祈願のお礼参りもあるみたいで夜でも混んでます。
IMG_5681
IMG_57181
IMG_5684
IMG_5701

jnks1951 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月09日

今日のCD 「Blessed / Lucinda Williams」

何年ぶりかの新作。Elvis Costelloも3曲に参加。
シリアスなテーマを特徴のある渋い声で淡々と歌っています。
これは、名作かもしれません。
Lucinda WilliamsのMYSPACE.COM
Lucinda WilliamsのHP
lucinda williams

2011年03月08日

庭の花 「3月 ツバキ」

こういうのを八重椿というのでしょうか。
花が重くて葉の陰で下を向いて咲いています。(育て方が悪いのか)
ツバキ、花びらが傷むのがはやいですね。
それにしてもこの色具合は、あんまり好みじゃありません。
IMG_5619
IMG_5615

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月07日

庭の花 「3月 クリスマスローズ」

週末、クリスマスローズの古い葉を落としました。
ずいぶんとすっきりした姿になりました。
IMG_5597
IMG_5607

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月06日

葉山 ホタルの会 「寺前谷戸の景色」

そろそろ、早春の景色と言いたいところですが、昨日も早朝は、田んぼとして掘った池全面に氷が張り。
IMG_5570

池から流れ出た水が凍りついていました。
IMG_5581

それでも太陽の位置が高くなって、昼ごろには、田んぼ予定地全体に日が当たるようになりました。
IMG_5573

jnks1951 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年03月05日

葉山 ホタルの会 「2月27日臨時作業の結果」

2月27日に、休耕田の田起こしをした後の作業結果です。
田んぼのモグラの穴を塞ぎ水を張って地下茎を取り除いて土をこねて、田んぼの原型が出来ました。
雨にも恵まれていましたが、水量も維持できているようですし、これなら田植えも出来そうです。
(右が2月27日の作業風景)
IMG_5585IMG_5255

jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年03月04日

庭の花 「クリスマスローズ」

本格的に咲き始めました。
少し手入れをして、古くなった葉を取り除いてみました。
かなり大きな株で、中にまだつぼみが隠れています。
参考書を見ると、もっと古い葉を取り除いて良いみたいです。
IMG_5285

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年03月03日

「日本の森はなぜ危機なのか」 田中淳夫 著 平凡社新書

2002年に出版された新書です。
ちょっと古くなっているかもしれませんが、なるほどと思わせてくれることがいくつもありました。
先進国で国土に占める森林の比率が、日本ほど高い国はないそうです。
間伐をしないから森が荒れるとかと言った常識だと思われていることも、見方を変えればそんなこともないようです。
ただ「森林保護」だけでは、問題は解決しないことがよく分かります。
日本の森はなぜ危機なのか―環境と経済の新林業レポート (平凡社新書)
田中淳夫_1

2011年03月02日

葉山 上山口の自然 「ツバキ+フキノトウ」

寺前谷戸の池の上に張り出して咲いています。
IMG_5240
だいぶ、とうが立ってしまいました。
IMG_5217

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年03月01日

庭の花 「2月」

ずいぶんと花の種類が増えてきました。
IMG_5282IMG_5274
IMG_5271IMG_5262
IMG_5257IMG_5235

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花