2011年09月

2011年09月30日

今週のCD 「THE GREAT DIVIDE / TOMMY SHAW」

tommyshaw

その昔、STYXでギターとボーカルを担当していたTommy Shawのブルーグラスでのデビューアルバムです。
原点回帰なのか、趣味なのか分かりませんが、分かりやすいブルーグラスです。
なんとAlison Kraussがボーカルで参加。Sam Bushがマンドリンと、完全なブルーグラス・アルバムです。
TOMMY SHAWのオフィシャルHP
映像を探してもSTYX時代の物ばかりで、ブルーグラスのものはほとんど見つかりませんでした。そんな状況で見つけた唯一の映像です。



2011年09月29日

今週のCD 「HELPLESSNESS BLUES / FLEET FOXES」

fleetfoxes

2008年のデビューアルバム『FLEET FOXES』は、衝撃的でした。
ロックやフォークと言った既成概念の枠にはまらない新鮮な音楽体験でした。
特に、デビューシングルになった『White Winter Hymnal』のアニメーションを使ったPVは、曲の世界を完璧に映像化した傑作でした。

それから3年、今年発表された第二作『HELPLESSNESS BLUES』は、第一作を超えた作品になっていました。
厚みのある透き通ったコーラス、素朴だけど深みのあるサウンド、何となく物悲しいメロディーにのった歌詞も素晴らしいものがあります。

来年1月に初来日し東京では、20日(金)に新木場 STUDIO COASTで公演がありますが、絶対に観に行きたいですね。
FLEET FOXESのオフィシャルHP

どんなに良いのか、実際に聴いてみるのが一番。色々なところから集めてきました。最初の4本のPVは、アルバム『HELPLESSNESS BLUES』からの曲。「Grown Ocean」、「Helplessness Blues」、「Sim Sala Bim」、「Lorelai」。
最後の五本目は、今年のGlastonburyでのライブ映像。デビュー作から「Blue Ridge Mountains」、「Your Protector」、「White Winter Hymnal」の3曲を演奏しています。










jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 米国 ロック 

2011年09月28日

葉山 上山口の自然 「ヒガンバナ」

今年は、絵になるヒガンバナがありません。
ヒガンバナは、花が咲く前に生えている場所の土手や畦の雑草を払っておかないと、咲いても雑草が邪魔になってすーっと茎が伸びたヒガンバナになりません。
だんだん畑や田んぼ周りの手入れが難しくなってきているのかもしれません。
RES08385


jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月27日

葉山 上山口の自然 「カマキリ」

プロジェクト面の田んぼで撮影しました。
黒米の稲穂の陰でカマキリがハチを捕まえて食事中です。
RES08328

2011年09月26日

葉山 森戸海岸の夕日 9月25日

久しぶりに海岸へ。
雲が多くて、夕日を見ることはできませんでしたが、雲の隙間から太陽の光が差し込んで海が光っていました。
RES08396

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2011年09月25日

葉山 ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト・稲刈り(第一回)」

数年間休耕田だったところを整備して復活させた田んぼで稲刈りを行いました。
鎌を使った手作業、約10人で半日かかりました。
まだ、緑米、黒米の稲刈りが残っていますが、人力では大変です。
背後の山が茶色くなっているのは、紅葉ではなくて台風15号の塩害で枯れてしまった葉です。
RES08375
RES08339
RES00363

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年09月24日

「台風一過」

台風15号。
久しぶりの直撃台風のパワーは、すごかったですね。
台風の影響が一番大きかった時は、家に居なかったのでどんな状態かわからないのですが、一夜明けてみると、潮風の直撃を受けたところは、塩害で葉っぱがみんな枯れてしまいました。
こんなにひどい被害、初めてみました。
特に落葉樹、草類の被害がひどいですね。
塩もみした菜っ葉を乾燥させたような感じです。
もう、今年は、新しい葉はでないでしょうね。

被害に遭った柿の木の様子です。
RES08277
RES08288

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年09月23日

葉山 上山口の自然 「スズメウリ+ヤブマメ」

秋が近づいて気温が少し低くなると、急に花が増えてきます。
日当たりの良くない場所でも地味ですが、色々な花が咲き始めます。
RES08089
RES08069

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月22日

葉山 上山口の自然 「カリガネソウ」

神奈川県では、三浦半島の数か所にしか自生していないというカリガネソウです。
神奈川県レッドデータブックでは、絶滅危惧A類に分類されています。
RES08063

jnks1951 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月21日

葉山 上山口の自然 「カントウヨメナ」

急に涼しくなってきました。
RES08022

jnks1951 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月20日

『黄金町バザール2011「まちをつくるこえ』ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラム 黄金町〜日ノ出町

前回のヨコハマトリエンナーレ2008に合わせて開催されたのが最初で、その後毎年「黄金町バザール」として続けられ今回が4回目となります。
最初の頃は、警察官の巡回が頻繁に行われ物々しい雰囲気でしたが、もうそんなこともなくなりました。
アート関連施設もずいぶん増え、街全体に明るくなった印象です。
関本幸治、田村友一郎、野田智之、本間純、松澤有子、小沢剛、雨宮庸介、北川貴好等なかなか力の入った良い作品がそろっています。
ただ、そろそろ特殊飲食店街とういう歴史を持った地域であるとういう呪縛から解放されても良いのではないでしょうか。もっと自由な発想でやって行っても良いと思うのですが。
展示は、日没から始まるものもあるので、次回は夜来ます。

『黄金町バザール2011「まちをつくるこえ』
会期  : 〜 2011年11月06日 昼間の会場11:00〜19:00、夜間の会場日没〜0:00
入場料:(一部会場のみ)会期中有効のフリーパス: 高校生以上 500 円、中学生以下 無料
RES08157RES08143RES08144
RES08148RES08167RES08171
RES08182RES08186RES08194
RES08181RES08263RES08240
RES08248RES08232RES08226
安部泰輔さんの「アカイクツヲハイタネコ」。
彼は、2005年のヨコハマトリエンナーレにも参加して、その時は古着を使ったクマのぬいぐるみを作っていましたが、今回はネコ。どう見ても不細工なネコたちです。
今回は、ヨコハマトリエンナーレにも参加し、横浜美術館会場に七枚の大きな旗が展示されています。
RES08269RES08219RES08220

2011年09月19日

葉山 ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト・田んぼらしい景色になってきました。」

緑米の穂が出そろって、田んぼらしくなりました。
黒米とまだらになっているところもありますが、何とか田んぼらしくなりました。
(奥の黒い穂が緑米、手前の穂が垂れているのが黒米)
黒米の穂が垂れてきました。緑米はようやく開花ですから収穫までには、まだしばらくかかりそうです。
緑米は、黒米よりかなり大きいですね。米とは思えません。
RES08083
RES08081

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年09月18日

葉山 上山口の自然 「稲刈り終わりました。」

寺前谷戸の田んぼ。
稲刈りが終わって秋の景色になりました。
RES08074

jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

葉山 上山口の自然 「ヤブツルアズキ」

そっくりな種類にまるっきりそっくりな「ノアズキ」がありますが、区別ができません。
もしかすると「ノアズキ」かもしれません。
RES07895

jnks1951 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月17日

今週のCD 「THE KING IS DEAD / THE DECEMBERISTS」

私が、2006年の「The Crane Wife」から注目しているアメリカのフォーク・ロック・バンド。
前作は今一つな印象でしたが、6作目になる最新作の「The King is Dead」は、最高傑作かもしれません。

ご覧のとおり、ビジュアル的には高得点は稼げませんが、問題は中身です。

詞の素晴らしさ、メロディーの美しさ、シンプルで飾り気のないアレンジは、素朴で力強くどの曲も一度聴いたら忘れられない魅力に溢れています。

「Calamity Song」、「Rise To Me」、「Rox In The Box」、「January Hymn」、そして「Down By The Water」、最後の極め付けが、「This Is Why We Fight」。力強く逞しいまさにロックを感じさせる曲です。

最近は、毎日このCDを聴いています。見事、完璧な出来栄えです。

THE DECEMBERISTSのMYSPACE.COM
THE DECEMBERISTSのオフィシャルHP
thedecemberist
バック・コーラスで参加しているフォークのシンガー・ソングライター、ギリアン・ウェルチと共演している映像です。


つい最近公開されたPVですが、これぞ「THE DECEMBERISTS」というひねりの効いた作品です。






jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 米国 ロック 

2011年09月16日

葉山 上山口の自然 「キタキチョウ」

ネムノキに産卵しているところ。
ちゃんと新しい若い葉を選んで産卵しています。
RES07902
RES07906

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2011年09月15日

葉山の自然 「ハマナス」

ハマナス。
一色海岸のはずれで咲いているのを見ました。大浜海岸にも生えていましたが、自生したものではないと思います。
ミニトマトのような実もなっていました。(食べられる?)
RES07808
RES07812


jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月14日

葉山 上山口の自然 「アライグマ、捕獲」

日曜日の朝、寺前谷戸へ行ったら、捕獲機にアライグマが掛かっていました。
確かに遠くから見れば、縞模様の尻尾なども可愛らしそうに見えるのですが、近づくと金網越しに牙をむいて飛びかかってきます。
どう見たってイヌ・ネコとは違いますね。これをペットにしようとしたことに無理があります。
日本は、餌は豊富だし、捕獲機を設置する人間しか天敵はいないし、住み心地は最高じゃないでしょうか。
きっと全頭捕獲は無理でも、爆発的に増えて生態系のバラスンを崩すことのないように、捕獲を続けていかなければならないのでしょうね。
RES07870
RES07852



jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な動物、昆虫など 

2011年09月13日

葉山 ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト・緑米の穂が出てきました。」

ようやく緑米に穂が出てきて、花が咲き始めました。
コシヒカリのような改良された稲の穂とは全然違います。
モミも固くて丈夫そうですし、野生っていう感じがします。
RES07890
RES07886


jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年09月12日

『ジョン・レノン、ニューヨーク』 東京都写真美術館ホール 恵比寿

今週16日の金曜日までだったことを思い出して先週木曜日に、『ジョン・レノン、ニューヨーク』を観に行ってきました。

ジョン・レノンが、1980年12月に亡くなるまでの約10年間のニューヨーク生活を追ったドキュメンタリー映画です。

この映画で、確認できたこと。
。沓闇代というのが、本当に大変な時代だったということ。(私もその時代に居ましたが)ジョン・レノンは、その中で幸か不幸か自ら進んで火中の栗を拾いに行くことになったと思えてきます。
▲ノ・ヨーコの存在の大きさ。色々なことを言われている彼女ですが、ジョン・レノンにとってなくてはならない存在だったことがよく分かります。(オノ・ヨーコが監修したことを割引いたとしても)
ジョン・レノンが亡くなって、もう33年。ついこの間のことのようで、そんな昔のことだったとは思えないのですが。
ぅ献腑鵝Ε譽離鵝⊆司で玉子が欠かせないこと。

ビートルズのジョンからせっかく人間ジョン・レノンに戻って、平穏な生活が始められたのに、最後は凶弾に倒れてしまいます。映画では、誰がどうやって、何でということには触れられずただジョン亡くなった事実だけが伝えられ、その無念さが一層広がります。

オマケ:ロサンゼルスで、アルコールやその他で完全ハイになった状態の録音シーンのメチャメチャさ。これは、筆舌に尽くしがたいものがあります。これだけでも、観る価値あり。

作品名  :『ジョン・レノン、ニューヨーク』
会場   : 東京都写真美術館ホール 恵比寿
上映期間 : 2011年9月16日(金)まで(残り、13日から16日までです)
休映日 : 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
上映時間 : 10:45/13:25/16:05/18:45


『ジョン・レノン、ニューヨーク』のHP
 
東京都写真美術館のHP



jnks1951 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画・演劇 

2011年09月11日

「ウチダマヤ Live at 『洋之介ファンフェスタ』」 葉山 葉山公園

今日は、葉山公園と大浜海岸で、プロサーファー故佐久間洋之介さんを記念したイベント『洋之介ファンフェスタ』が開催され、今回3回目ですが初めて行ってきました。
会場の大浜海岸には、シーカヤックやアウトリガーとか何種類ものマリンスポーツ体験教室が並んで、葉山公園には、出店も並んでフェスの雰囲気を盛り上げていました。
『洋之介ファンフェスタ』の詳細はこちら

フェスのクロージング・セレモニーの前には、ウチダマヤさんのライブが行われました。(マヤさんは、佐久間洋之介さんのDVDにも曲を提供しています)

先月森戸海岸のLahでのライブも観て、今年二回目。公園の芝生の上の簡単なステージでしたが、マヤさんのグランマも観客に混じって、アットホームなライブでした。
RES07980
RES07925

彼女の10月までのライブ・スケジュールは、彼女のブログにアップされていますが、10月10日(月)横浜駅西口のサムズアップで彼女のライブを観ることが出来ます。
詳細は、彼女のブログ、フライヤーで確認してください。
ウチダマヤ a.k.a. MAYAのブログ
mayaf サイズ変更
mayar サイズ変更

葉山 「ポスト巡り」

昔、葉山の町内にある丸ポストを探しましたが、見つけたポストのその後です。
このポスト、昔は、色合い良くさび付いたトタン板にくりぬいた穴から半身を出している一番絵になった丸ポストでした。
今では、トタン板も家も撤去されて背後に広っぱが広がっています。さて、ここ何になるのでしょうか。
RES07823

jnks1951 at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ポストめぐり 

2011年09月10日

家の動物 「ヤモリ」

古い家なので、昔から住み着いた動物がたくさんいます。
これは、ヤモリ。栄養が良いのか、かなりふっくらしています。
ヤモリに特有のどこでも登れる吸盤足の構造が良く見えます。
RES07775


jnks1951 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カエル・ヘビの仲間 

葉山 上山口の自然 「クズの花」

クズの花。キンモクセイのようにあたり一面に匂いが充満するといった激しさはありませんが、どこか似た香りがします。
RES07738

jnks1951 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月09日

庭の花 「コシヒカリ」

寺前谷戸で田植えをして余ったコシヒカリの苗を植木鉢に植えてみました。
半分枯れかけていた苗でしたが、穂が出てきました。
おにぎり、一個分にもならないでしょう。
RES07749
RES07760

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年09月08日

庭の花 「9月」

RES07748RES07746
RES07770RES07769

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年09月07日

庭の虫 「ルリタテハ」

秋は、庭のホトトギスの葉にルリタテハの幼虫を良く見かけます。
丸坊主になるまで食べつくして、他のホトトギスを探してかなりのスピードで移動して行きます。
RES07671

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2011年09月06日

葉山 上山口の自然 「クロコノマチョウ」

今年は、クロコノマチョウの幼虫をなかなか見つけられません。
何しろ食草のジュズダマが少ない。去年生えていた場所にもほとんど生えていません。
RES07482

jnks1951 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 蝶・蛾の仲間 

2011年09月05日

庭の花+虫 「サンジャクバーベナ+アゲハ+チャバネセセリ」

サンジャクバーベナ、ひょろひょろ伸びる頼りなさげな花ですが、蝶には大人気。
この花の蜜を吸わない蝶はいないと言えるぐらいあらゆる蝶が集まります。
RES07758
RES07650
RES07751

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 | 昆虫 蝶・蛾の仲間

2011年09月04日

葉山 ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト・緑米が育っていますが、、、。」

台風が近づいても、雨が降っても、なかなか水が溜まりません。
専門家が育てている田んぼでは、もう田んぼの水を抜いて収穫の準備が始まっています。
プロジェクト面に植えた「緑米」、濃い緑の葉がスクスクと育っているのですが、まだ穂が出ません。
心配になって、一本茎の中を解剖してみると、3センチぐらいのまだ真っ白い穂が育っていました。
あと2週間?
RES07679
RES07686

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年09月03日

葉山 上山口の自然 「ボタンヅル+ヤマハギ」

台風が来て、明日も大荒れみたいです。
それでも明日は、田んぼの見回りをしなくちゃ。
RES07470
RES07419

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年09月02日

葉山 上山口の自然 「イネミズゾウムシ+ハンミョウ」

このゾウムシは、稲の害虫であるイネミズゾウムシだと思うのですが、あまり自信がありません。
いずれにしても、さほど大きな害にはならないようなので放っておきます。
RES07437
ハンミョウです。
RES07411

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昆虫 甲虫の仲間 

2011年09月01日

今週のCD 「SKYING / THE HORRORS」

THE HORRORS、サマーソニック2011に登場すると聞いて期待していたのですが、登場時間が土曜日の夜中ということで諦めてしまいました。
残念でした。

ところで、THE HORRORSのボーカルのFaris Badwanが、カナダのソプラノ歌手でクラシック楽器奏者のRachel Zeffiraと組んで、「CAT'S EYES」というバンドやっています。(ついこの間まで知らなかったのですが)
これがまた、一筋縄ではいきそうもないちょっと不思議なバンドです。
その2人が、バチカンの礼拝堂でパイプオルガンを伴奏に歌っているというこれまた不思議な映像があるのでご紹介します。
THE HORRORSのMYSPACE.COM
THE HORRORSのオフィシャルHP

thehorrors

THE HORRORSの三作目「SKYING」のシングル曲「STILL LIFE」のPV。


これが、「CAT'S EYES」の不思議な映像。