2011年12月

2011年12月31日

葉山 森戸海岸 大晦日 正午

床屋へ行って、海岸へ。
船にも門松。
RIMG9337

jnks1951 at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

大晦日 午前0時 横浜駅

久しぶりに横浜駅で終電待ち。
12月30日の横浜駅のホームは閑散としていました。
ずっと向こうまで見渡せるぐらい。上りの最終電車で出たところです。寒い!
RIMG9302

jnks1951 at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京、その他の地方、海外 

2011年12月30日

葉山 上山口の自然 「冬景色」

RIMG9109

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月29日

葉山 上山口の自然 「冬景色」

RIMG9093

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月28日

今週のCD 「BON IVER / BON IVER 」

BON IVERとは、アメリカのシンガーソングライターJustin Vernonが作ったバンド。
アメリカのバンドとは思えないようなサウンドです。
今年注目されたアルバムのうちの一枚。
BON IVERのオフィシャルHP




これが、CD「BON IVER」
bon iver

2011年12月27日

葉山 上山口の自然 「スイセン」

寺前谷戸にスイセンの花が咲き始めました。
RIMG9236

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年12月26日

庭の花 「クリスマスローズ」

今日は、久しぶりに庭掃除をやりました。
正月も近いし、少しは綺麗にしないと。
ホトトギスやキクの枯れた枝を切って、クリスマスローズの古い葉を切ったりで、ゴミ袋12個出来ました。
もう花が咲いたクリスマスローズが、一つ発見。
まだ、寒いのか縮まって咲いていました。
RIMG9284

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年12月25日

葉山ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト 臨時フィールド整備作業」

今日は、4人で、臨時作業。
クリスマス・イブだというのに、よく4人も集まったものです。
それぞれ、思い思いに作業を行いました。
集合場所の周りのメダケの野焼きをする人、プロジェクト面への入り口の道普請をする人、プロジェクト面のミゾソバ等の枯草を野焼きする人等。
ミゾソバも湿っていてなかなか燃えてくれません。
途中であきらめて、あとはたき火にあたって、のんびりコーヒーを飲んで過ごしました。
RIMG9227
RIMG9231


jnks1951 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年12月24日

夕焼け雲

クリスマス・イブの夕焼け雲
RIMG9258

jnks1951 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お気に入りの一枚 

2011年12月23日

「松井 冬子展 ― 世界中の子と友達になれる」 横浜美術館 (横浜みなとみらい)

松井冬子展を観に、横浜美術館へ行ってきました。
2007年12月に九段の成山画廊で開かれた個展「Marcissus」を観に行き、静かな狂気ともいえるような作品の迫力に驚かされましたが、今回のように100点もの作品が並ぶと、言葉で説明できない凄まじさで圧倒されます。
元来芸術家って、凡人とは違うなにかエキセントリックな部分が必ずありますが、松井冬子の執念は、半端なものじゃありません。
作品と併せて展示されている下絵や写生を見ると作者の凄さがよく分かります。
90番の「解剖 仔牛」為に行った写生(鉛筆)が76番に展示されていますが、筋肉の筋の1本1本まで書き込んだ線を見ると、作者の凄さは半端じゃありません。
展覧会 :「松井 冬子展 ― 世界中の子と友達になれる」
会期  :〜2012年3月18日
休館  :毎週木曜日、12月29日〜1月3日
会場  :横浜美術館
横浜美術館のHP
RIMG9209

2011年12月22日

葉山 上山口の自然 「ヤブツバキ」

RIMG9164

jnks1951 at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年12月21日

葉山の景色 「クリスマス」

葉山「イエズス孝女会修道院」前
もうすぐクリスマス。
RIMG9191

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の風景 

2011年12月20日

葉山 上山口の景色 「霜」

RIMG9091
RIMG9102

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月19日

葉山 上山口の景色 「田んぼに氷が張りました」

RIMG9114
RIMG9112

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月18日

葉山ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト 12月例会+忘年会(写真集)」

RIMG9124
RIMG9127メダケを刈って野焼きしていきます。バケツの水で火力を調節します。
これだけの野焼きになると湿っていたメダケの山もあっという間に燃えてしまいます。
RIMG9161野焼きの後の忘年会。
RIMG9141足踏み式脱穀機に続いて新兵器、手回し籾摺り機登場。
まあ、手のひらサイズの籾摺り機ですが、ちゃんとモミガラが取れます。
RIMG9111本日の作業開始前。
刈ったメダケが斜面(畦があったところ)を覆っています。
RIMG9134作業終了後。

jnks1951 at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

逗子 田越橋の夕日

今夜は、高校の地区同窓会の準備と幹事の忘年会。
昼過ぎまでホタルの会の作業と忘年会をやっていたので、同窓会の準備作業はパスして、忘年会だけ出席。
田越橋からみた夕日です。
RIMG9174

jnks1951 at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子地域情報 

2011年12月17日

葉山ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト 12月例会+忘年会」

今日は、寺前谷戸復元プロジェクト面のメダケ刈と野焼き。毎年恒例の忘年会です。
作業の写真は、改めて掲示します。
RIMG9132

jnks1951 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年12月16日

庭の花 「12月」

夕日が当たって鮮やかな黄色に輝いています。
RIMG9172

jnks1951 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年12月15日

葉山 上山口の景色 「エノキの大木」

上山口のエノキの大木。
ちょっと、黄葉しています。
RIMG9010

jnks1951 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月14日

庭の花 「12月」

花らしい花は咲いていない季節になりました。
そんななか、こんな花が一つだけ咲いていました。球根だと思うのですが、何の花だか分かりません。(ピントも合っていない)
RIMG9073

jnks1951 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 庭の花 

2011年12月13日

今週のCD 「GO TELL FIRE TO THE MOUNTAIN / WU LYF」

マンチェスター出身の、今年最大の評価を得た新人バンド。
正式名称は、「World Unite Lucifer Youth Foundation」。頭文字を取って「WU LYF」。「ウーライフ」と読みます。
あまり詳しいことは分からないのですが、タオルマスクした怪しげな画像と絶叫するボーカルからは、相当危なそうな感じがします。
と、言いながらも、繊細な部分もちらちらと垣間見られ、ジャケットもなかなか丁寧な作りで、これは只者ではなさそうです。




これがCD「GO TELL FIRE TO THE MOUNTAIN」のジャケットです。
wulyf

2011年12月12日

葉山 上山口の自然 「霜が降りました。」

日曜日、霜が降りました。
RIMG9045

jnks1951 at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月11日

葉山ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト 臨時フィールド整備作業」

寺前谷戸復元プロジェクトのサイトで臨時作業。
湿地を覆っているミゾソバやセリを刈って、野焼きをしました。
風もなく、野焼きには絶好の日よりだったのですが、焼却するオギやミゾソバに霜が降りて湿気ていてなかなか火が付きません。
モクモクと煙は出るが、枯草の山は、全然減りません。
RIMG9068

jnks1951 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年12月10日

「12月10日 皆既月食」

「皆既月食」、南の空を見ても何も見えません。
東京都内じゃ見えてるようなのに、葉山は曇って見えませんでした。残念。
次回はいつかな?
RIMG9007


jnks1951 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年12月09日

葉山 一色海岸近く 「冬の海」

一年に1回、横須賀共済病院の人間ドックを受けた帰り道。
コレステロール値は悪化し、肥満度も上昇するし、散々な状態です。着実に老化が進んでいます。
寒そうな海の景色がぴったりです。
RIMG8988

jnks1951 at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2011年12月08日

葉山 上山口の自然 「コバネイナゴ」

稲刈りの終わった田んぼの畦の枯れた葉の上にじっとしていました。
RIMG8915

2011年12月07日

葉山 上山口の自然 「ヒヨドリジョウゴ+スイカズラ」

赤い実(ヒヨドリジョウゴ)と黒い実(スイカズラ)です。
RIMG8927
RIMG8951

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 身近な植物 

2011年12月06日

葉山ホタルの会 「上山口寺前谷戸復元プロジェクト 臨時フィールド整備作業」

日曜日、谷戸に行ったついでに、少し整備作業をしてきました。
田んぼの隣に掘った池を覆っていたミゾソバやセリを取り除いて、池の水面が見えるようになりました。
田んぼと比べても、そこそこの大きさで池にしておくよりは、稲を植えておいた方が管理しやすいかもしれません。
そこいらじゅうにかき集めたミゾソバの山が出来ています。ミゾソバやセリは手ごわいです。
RIMG8943

jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 ホタルの会 

2011年12月05日

葉山 上山口 寺前谷戸の景色

日曜日、寺前谷戸へ出かけました。
谷戸には、冬の間午前中、ほとんど陽が差しません。
尾根の木々の間から朝日がちょっとだけ照らすぐらいです。
RIMG8891
RIMG8940

jnks1951 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山 上山口の景色 

2011年12月04日

葉山 真名瀬 「12月の富士山」

早朝、真名瀬から見た富士山。
富士山を見るなら冬ですね。名島、江の島も良く見えます。
RIMG8845
芝崎側、雲が朝日で輝いています。上空には、ヘリコプター。
RIMG8856

jnks1951 at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉山の海 

2011年12月03日

今週のCD 「FIELD SONGS / WILLIAM ELLIOTT WHITMORE」

アイオワのシンガーソングライター、WILLIAM ELLIOTT WHITMOREが7月に発表した最新作。
ギターかバンジョーと歌だけ。飾りっ気全然なし。
まさにフォークの原点。
William Elliott WhitmoreのMYSPACE.COM
William Elliott WhitmoreのオフィシャルHP




fieldsongs

2011年12月02日

「ギボウシ(ホスタ)の栽培 第二十八回」

急に寒くなってきました。
なのに、ギボウシの新しい葉が出てきて薄いブルーのつぼみまで付きました。
さすがに寒くて、茎がすーっとのびることはなくて、頭をちょこっと見せているだけです。
この先、どうなるのか。
RES09755

jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ギボウシ(ホスタ)の栽培 

2011年12月01日

今週のCD 「Own The Night / Lady Antebellum」

誰でも知っているLady Antebellumの3作目のアルバム。
コメントする必要もないカントリーのトップバンド。
最近のカントリーってなんかスマートになって泥臭いところが薄まってしまったような気もしましが、このPVはなかなか濃いですよ。
こういうのも嫌いじゃないですね。

lady2