2005年06月26日

葉山の自然 キアシナガバチ

062602ashinagabachi062603ashinagabachi キアシナガバチが垣根のサンゴジュの葉にとまって、獲物の青虫の皮をはいで解体作業をしていました。最後まで見届けられなかったのですが、皮だけ巣に持って帰ったのでしょうか。実にきれいな作業で青虫の内臓がきちんとそのまま残っています。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔