2005年07月06日

葉山の自然 モンキアゲハの幼虫

070703karasuzansho070701monkiageha 今度は青虫!と言われそうです。こんなに身近なところにモンキアゲハの幼虫がいるとは、今まで気付いていませんでした。近くの川のコンクリート壁の隙間に生えたカラスザンショウの葉にモンキアゲハの幼虫がいました。幼虫とカラスザンショウは別の場所で撮影しましたが、左の写真のカラスザンショウの葉にも幼虫が小さく写っています。この幼虫はまだ若い幼虫でしばらく育つとりっぱな青虫に変身するはずです。一度は飼育してみたいと思います。

070702monkiageha←モンキアゲハの成虫です。今週、上山口で撮影しました。水溜りで水を補給しているところ。ぺたーっと座りこんでいるみたいで、あまり良い写真ではないのですが、モンキアゲハはこんな感じということは分かると思います。

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 居つきタヌキ   2005年07月09日 21:36
コメントありがとうございます。

お詫びします。撮影した幼虫はどうもモンキアゲハでは
なくてアゲハのようです。
鳥の糞状態の時は区別がつきにくいのですが、同じ場所に
終齢のイモムシ状態の幼虫がいて、顔つきはアゲハでした。

ちょっと飼育をして何アゲハになるか確認したいと思います。

これからも、コメント、よろしくお願いします。
1. Posted by 虫キング   2005年07月07日 15:55
アゲハにも いろいろあるんですね。キアゲハ、クロアゲハしか見たことありません。
でも本当に 鳥の糞そっくりの幼虫ですね、光具合まで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔