2005年08月08日

アゲハの飼育日記 (寄生バチが羽化しました)

080801agehahimebachi080802agehahimebachi ついに現場を押さえました。寄生バチ(アゲハヒメバチ)の羽化?シーンです。サナギの横っ腹にこんな穴を開けて、あたりをうかがっている表情は本当に悪役といったところです。サナギをつるしている糸が邪魔になって出にくいのでかみ切ろうとするのですがさすがに丈夫で切れません。糸と反対のほうに穴を広げて準備完了。


080803agehahimebachi080804agehahimebachi 半身出てきたところの表情は、あまりハチという感じはしません。出てきた後は早いです。体についた体液をぬぐってすぐにでも飛び立とうとしましたので、捕獲してお仕置きをしました。

トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by 熱気バサラ   2012年06月09日 17:32
初めて投稿します。
僕が小学生の頃でしょうか?、当時は夏休みにラジオ体操があったせいか、終わってすぐカラタチの枝にてアゲハの蛹を見つけました。
最初はアゲハ蝶が生まれる事に期待したのですが、中を見たら、どうでしょう・・・・・・?。
中にいたのはアケバヒメバチの幼虫でした。
実は僕の家にもサンショウの木があるのですが、依然ここで初めてアゲハヒメバチなるハチを見かけました。
自然のアゲハ蝶が半分しか生まれて来ないのはやはり、このヒメバチの仕業だと思います。
その他にはアオムシコバチなるハチも同じくアゲハ蝶に寄生するらしいですよ。
寄生蜂は本当に怖い物ですねと思いました。
2. Posted by 居つきタヌキ   2005年08月10日 01:07
恐れ入ります。
とてもとても、大ファーブル昆虫記と並べることなんかできません。
こんな観察が出来るのも、デジカメ君のおかげです。コンパクト
デジカメでもかなりの接写が出来るので、小さな昆虫の世界が
よく見えるようになりました。
ハチに寄生されたのは幼虫時代ではないかと思います。アゲハは
そんなことは露知らず、せっせとサナギになったら最後は自分で
作った密室のなかでハチに食べられてしまったのではないでしょ
うか。
まだまだ、分からないことが沢山あります。
1. Posted by 虫キング   2005年08月09日 06:51
この’趣味の雑記帳’はまるで ファーブル昆虫記の世界です。
この蜂の卵は 幼虫が蝶の館に来る前から幼虫の体に産みこまれていたかもしれない
と言うことですか?
なのに卵から蜂が孵るのは 蝶の幼虫がさなぎになってからと言うことですか?
なんともよくできているものですね。
美しい蝶の命を奪った蜂にも感心してしまいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔