2005年11月06日

上山口の自然 トホシテントウの幼虫

110601tohoshitentou 今日は、あいにくの曇り空。涼しいを通り越して「寒い」といった方が正しいような天候でした。今日は、上山口小学校の奥から乳頭山に向かい、乳頭山手前の分岐から右に折れ、畠山をまわって上山口小学校へ戻ってくるコースです。本当は大沢谷川を下りたかったのですが、天気もよくないので次回にしました。畠山の頂上に着いた頃には、雨もぱらつき始めました。今日、唯一見かけた昆虫が、トホシテントウの幼虫です。畠山の頂上のカラスウリの葉についていました。枝分かれしたトゲ(毛?)が個性的です。これが、テントウムシになるのも不思議ですが、成虫よりも幼虫の方が大きく思えるのが不思議です。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 森の乙女   2005年11月07日 07:25
これがテントウムシになるんですか? 昨日の見事に赤いあかとんぼといい、昆虫の世界も不思議ですねー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔