2006年02月21日

今日のCD 「Dino Valente / Dino Valenti」

022201dinovalente 遂に手に入れました。Quicksilver Messenger Serviceのデビュー前のメンバーで、QMS全盛期のJust for Loveからバンドに参加したDino Valentiの唯一の1968年ソロアルバム。Jefferson Airplaneのデビュー作Take Offの「Let's Get Together」(Youngbloodsのカバー作も有名)の作者としても有名な、フォークブームの影響を受けたシンガーソングライター。全12曲(うち2曲はボーナス曲)、6分を越える曲が4曲もあります。アコースティックギター中心のシンプルなアレンジで、Dino Valentiはただただ延々と7分間歌い上げるのです。QSMのJust for Loveにも通じるところがあって、たっぷりボーカルにエコーを効かせた音作りでこれがトレードマークなのかもしれません。もっとロックっぽい内容を想像していたので肩透かしを食ったような感じですが、全12曲飽きることなく聴くことができました。隠れた名盤といっていい内容だと思います。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔