2006年04月13日

上山口の自然 「ニリンソウ+ウラシマソウ」

041301nirinso041302midorinohana 上山口の谷戸で見ました。ニリンソウ(二輪草)と言っても花が二つとは限らないようですし、花といってもこの白い部分は花びらではなくて咢だそうです。葉や茎は食用になるようですが試したことはありません。ウラシマソウ(浦島草)。あまり花らしい花ではありません。春の定番の花でどこにでも咲いているのですが、あまり注目を集めないようです。よく見ると細いひげのようなものが伸びていて、これを釣り糸に見立てて浦島草というらしいです。


jnks1951 at 20:30│Comments(1)TrackBack(0) 身近な植物 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 森の乙女   2006年04月14日 06:49
花の名前の由来は面白いですね。「うらしまそう」ひげを釣り糸に見立てて、とは。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔