2006年08月08日

葉山の自然(上山口) 「クロコノマチョウ」 

 不思議なケムシです。頭に黒い角みたい部分があって、シッポがフォークみたいに分かれています。クロコマノチョウの幼虫が食草のジュズダマの葉に付いているところです。よく見ると、シッポの後ろに脱皮した抜け殻が落ちているようです。成虫は、枯葉そっくりだそうで、見たこともありません。
080801kurokonomacho

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 居つきタヌキ   2006年08月12日 15:50
 ジュズダマの葉が、虫食い状態になっていたので
葉の裏をみたら、2センチぐらいのクロコマノチョウの
幼虫が居たのです。
 この蝶のサナギは、緑色をした繭玉みたいな
サナギになるそうで楽しみです。
1. Posted by 森の乙女   2006年08月09日 06:55
え、これでも毛虫?よく こんなものに 気が付きますね・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔