2006年11月04日

プリズム:オーストラリア現代美術展(ブリヂストン美術館)

 12月3日まで、ブリヂストン美術館で開催中のオーストラリア現代美術展へ行ってきました。現代芸術でも、歴史・文化・風土に影響を受けてお国柄というのがあることが実感できる展覧会でした。先入観があるかもしれませんが、オーストラリアらしいという印象がそこそこに感じられました。アビー・ロイ・ケレーマ、フィオナ・ホール、パトリシア・ピッチニーニの3人の作品、特にパトリシア・ピッチニーニの「自然の小さな救済者」が良いですね。(勝手に写真を掲載するわけにもいかないので、言葉で説明すると、シリコンやファイバーで作られたオーストラリアに生息する有袋類ポッサムをイメージした実にリアルな動物のモデルです。)
110401prism

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔