2007年08月09日

レコードCD化講習会◆ 屮譽魁璽疋如璽燭亮茲蟾み」 

それでは、レコードのデータをこのソフトで取り込んでみましょう。入力レベルの調節さえ上手く設定できれば後は非常に簡単です。パソコンのボリュームコントロールアイコンでライン入力のレベルと、サウンドエンジンの録音音量を操作して、テスト録音・再生を繰り返して最適なレベルに設定してください。本番は、サウンドエンジンの録音ボタンを押して、レコードを再生、表が終わったらサウンドエンジンは止めずにレコードをひっくり返して裏面を続けて録音してください。無事にデータが取り込めたら、一旦データを保存します。私は、CD化専用のフォルダを作ってその中に、LP1枚ごとに専用のサブフォルダ開きました。
080914080915左:ボリュームコントロールアイコンを表示したところ。
右:録音中。画面右側の二本のバーでモニターします。





080904080905左:再生中。青い波の部分が上下に振り切れた状態にならないように注意。
右:名前を付けて保存をクリック。






080906080907左:保存中。右上の窓が青く変化する。
右:専用サブフォルダに保存されたところ。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔