2007年12月24日

「六本木クロッシング:未来への脈動」展 森美術館

見ごたえのある展覧会でした。榎 忠、吉村 芳生といったベテラン勢のパワーにも圧倒されますが、今回展示された作品の中では、冨谷 悦子の一連の作品、小さな画面に細かな線で人や動物を描いた作品が一番気に入りました。佐藤 雅彦+桐山 孝司の「計算の庭」も楽しい作品です。(作品の内容を説明するのが難しいのですが、私は「8」カードを持って難なく「73」をクリアしました)
122401

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔