2008年04月14日

「椿会展2008 Trans-Figurative」展 資生堂ギャラリー

第六次椿会6名のうち4名のグループ展です。塩田千春の大小6個の四角い鉄枠の中に日常の品々が黒い糸に支えられて浮かんでいる作品「Trauma/日常」が一番迫力がありました。黒い糸で規則性もなく支えられているのが不思議な緊張感を感じさせます。
tsubaki1tsubaki2

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔