2008年08月16日

今日のCD 「Abigail Washburn & The Sparrow Quartet / Abigail Washburn & The Sparrow Quartet 」

サマソニ、2日間ロック漬けで、ロックはちょっと食傷気味なんてことではないのですが、せっかく見つけたCDがあるので紹介します。
ロックとは、だいぶ距離のあるアパラチアン・フォークをベースにした4人編成のグループ、Abigail Washburn & The Sparrow QuartetのデビューCDです。
このグループの最大の特徴は、ボーカルのAbigail Washburnが、中国の伝統民謡を取り上げたり、中国語でも歌ったりするところです。
楽器編成も、バンジョー2、チェロ1、5弦フィドル1と、ちょっと変わっています。
Abigail Washburnは、以前から中国の伝統民謡・少数民族の音楽に興味をもって、中国国内で、演奏活動を続けてきたようで、その成果がこのCDに結実しています。
実に見事な中国語で歌われている『TAIYANG CHULAI』、『SUGAR & PIE』、『JOURNEY HOME』の3曲。中央アジア、カザフスタンの民族音楽をブルーグラスのスタイルで再現する『A Kazakh Melody』。一転、ブルーグラスそのものの軽快なバンジョーの『Banjo Pickin' Girl』等、変化に富んでいます。また、Abigail Washburnが、なんともいえない独特の歌声で聞かせてくれる『Oh Me, Oh My』や『It Ain't Easy』も必聴です。
(やはり、オリンピックもちょっと絡んでいます。8月13日は、北京のアメリカ大使館で演奏会を行ったみたいです)
Abigail WashburnのオフィシャルHP
Abigail WashburnのMYSPACE.COM
abigail

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 居つきタヌキ   2008年08月24日 00:48
こんばんは。
コメントありがとうございます。
色々な資料をみると、全員なかなかの実力者ぞろいみたいですね。
1. Posted by VQ-Sato   2008年08月21日 22:59
5 お恥ずかしいことに実はノーチェックだったのですが、もう1人のバンジョー(プロデュース兼)って、Bela Fleckなんですね!Abigail Washburnも人気の女性ユニットUncle Earlのバンジョー弾きだと今更ながら気が付きました。ちなみに噂によれば、Uncle Earlは現在水面下で来日準備中とか。ぜひ実現してほしいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔