2008年12月14日

「TAKE AWAY」Neasden Control Centre展 カームアンドパンクギャラリー(西麻布)

今日(14日)で会期終了なんですが、UK-JAPAN 2008公認イベントの「TAKE AWAY」展に行ってきました。
「TAKE AWAY」というのは、イギリス語。米語では、「TEKE OUT」(日本は「TEKE OUT」派ですね)。「お持ち帰り」と言うことですが、軽食屋さん=カフェをイメージさせるに不可欠の単語です。
そのイギリスのカフェをテーマにしたのが今回の展覧会です。

以前、イギリスにいた時は、ずいぶんカフェにお世話になっていました。
殺風景な店内で小さな椅子に隣の人とぶつからないように肩をすぼめて、フィッシュ&チップス(宗教上の理由から金曜日にしかメニューに載りませんが)に、ビネガーをたっぷりかけて、昼食にしてました。それだけじゃ胸焼けになりそうなので、カパティーとアップルパイのカスタードソースがけを当たり前のように注文してました。

そんなカフェの雰囲気は、イギリスの食文化そのものだったと思います。フォークとナイフへのこだわり、必ずソーサーに乗ってくるお茶。綿々と途切れることのない伝統だったのが、最近ではファーストフードのような画一的なものが勢力を増しています。
「Neasden Control Centre」は、本名Stephen Smithで1975年生まれのグラフィック・アーティストですが、カフェの復権をテーマに、イギリスのカフェが持っていたスタイル、空間、精神を展示を通して再現しているように思われました。

会期 : 2008年12月1日(月)〜12月14日(日)
時間 : 11:00 - 19:00
入場 : 無料
会場 : CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL : 03-3401-0741

UK-JAPAN 2008の「TAKE AWAY」展紹介サイト
カームアンドパンクギャラリーのHP
Neasden Control CentreのオフィシャルHP
takeaway_0004084555







  
「BW」

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔