2008年12月17日

「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」展(Meet the artist) 原美術館(品川)

二日も続けて同じネタで投稿するとは、ずうずうしいと言われそうですが、会期初日の12月13日に、「UK-JAPAN2008」の公認イベントである「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」展を観に原美術館へ行ってきました。
初日の13日は、2時から、アーティスト自身が自分の作品について解説をする「Meet the artist ジム ランビー」というイベントがあって、これに参加しました。

2時に参加者、第1展示室に集合。運がいいのか出欠を取られたら、1番目でした。
Jim Lambie氏、思いのほか小柄で、1964年生まれの44歳。昔懐かしいマッシュルームカット風のヘアスタイルで、ファッション的には、芸術家というよりロック少年がそのまま大きくなったような感じですね。

アーティスト本人が、作品の解説をしてくれた内容をあんまり書いて、種明かしをしてしまうのは本当はまずいですよね。推理小説で、読み始めた人の横で、犯人をばらしてしまうのに似てないでしょうか。余計な話を聞いて先入観を持って展覧会に行きたくない人はここから先は、読まないほうが良いと思います。

Jim Lambie氏は、この展示をするに当たって、この建物の由来、もともとは居住用の建物であったことに興味を持ち、玄関を入り居間から食堂、二階に上がって寝室という流れを考えたそうです。

床全体を覆った白黒のラインの「The Strokes」は、バンドの中では、ドラムスやベースに当たる部分で、「The Strokes」が作るベースラインが、作品全体のリズムを作っています。また、「The Strokes」は、レコードの溝でもあります。今年Jim Lambie氏がグラスゴーで行った展覧会での「The Strokes」は、弧を描いた今回とは異なり、もっと直線的でした。
その上に点在する12個の「Sonic Reducer」は、流れの中に浮かんで、展示室に浮遊していく、また、枯山水の庭園に浮かぶ石のイメージでもあります。

第1室が、3つの星座が浮かぶ居間。
第2室は、食堂。半分に切ってカラフル・ペイントした椅子が重なり連なった様子は、ダイニング・テーブルです。第1室の星の代わりの鏡も、第2室の椅子も、椅子にぶら下げた女性用バッグもグラスゴー近郊のジャンク・ショップで見つけたものだそうです。(ジャンクショップ大好きみたいです)

2階へ上がる階段の途中のマットレスは、浮かんでいるイメージから夢に繋がっています。
第3、4、5室は、寝室。どこの家の寝室にも、ポスターの一枚ぐらいは張ってあるでしょう。そんな風景をイメージして飾られた4人のミュージシャンのポスター。バラの花をあしらってあります。
第3、4、5室の開かないドアは、それぞれの部屋をイメージした赤、黄、青で塗られ、ドアにつけられた複数のドアノブは、第1室の3つの星座と同じ配置になっています。(どの星座が何室かは、聞きそびれました)
「The Strokes」の白黒の縞模様は、開かないドアにも模様がつながり、まるでドアから「The Strokes」が溢れ出てくるようなイメージになっています。

最後に、Jim Lambie氏に、音楽との関わり特にロックが、氏の作品に与える影響について質問したところ、音楽はあくまでも「material:素材」であり、音楽に影響されて作品が出来ることはないと発言されていました。
と、いうことで記憶してる限りの種明かしをしてしまいましたが、種を知ってても知らなくても十分に楽しめる展覧会ではないかと思います。

原美術館のオフィシャルHP
住所 東京都品川区北品川4-7-25(JR品川駅高輪口より徒歩15分)
日程 2008年12月13日〜2009年3月29日
時間 11:00-17:00(2月11日を除く水曜日は8:00pmまで開館)
料金 一般1,000円/大高生700円/小中生500円
休館日 月曜日(1月12日は開館)12月29日〜2009年1月5日、1月13日

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 居つきタヌキ   2008年12月23日 00:43
コメントありがとうございます。
返事が遅くなりましたが、27日2時の回を申し込みました。
どんな舞台を見せていただけるのか、楽しみにしています。
1. Posted by はくそん   2008年12月17日 23:49
突然に失礼致します。
品川に住む原美術館に魅了されている者です。

勝手ながら自己紹介させて頂くと、私は今小さな劇団で役者をしています。名前を渡辺早佳と申します。
今度年末に公演を控えているのですが、先日息抜きにジムランビー展に行ったところ、あまりにもその空間が自分たちの芝居に密接にリンクするところがあって驚きました。
「きっとこの展示を楽しめる人は自分たちの芝居も楽しんでもらえる」と強く思ったので、このようなかたちで芝居のお知らせをさせて頂きました。
ご迷惑でなければ、最後まで目を通して頂きたく思います。以下が公演の詳細です。

BABY EINSTEIN本公演
【植物さん】
作 松田竜一 / 演出 角田翔子
出演 渡辺早佳 帖佐寛徳 諸岡那奈 他

SCHEDULE
12/26 19:00
12/27 14:00/19:00
12/28 14:00/19:00
12/29 13:00/18:00

TICKET
前売り2000円/当日2300円

THEATRE
池袋シアターグリーンin BASETHEATRE

チケットのご予約は、直接私までメールして頂くか、劇団HPでも受け付けております。

以上、少しでも興味を持って頂けたら、私渡辺までメールなどいただけるととっても励みになります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ご来場心よりお待ちしております。
渡辺早佳

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔