2009年05月06日

「ヴィデオを待ちながら−映像,60年代から今日へ」展 東京国立近代美術館(竹橋)

ベケットの「ゴドーを待ちながら」をもじった「ヴィデオを待ちながら」という展覧会タイトルが意味深長です。
白黒で画質も悪くその上、液晶でなくてブラウン管。
幼稚園の園児用の小さな椅子が、ところどころに置かれて、反復上映される作品と対峙する。
10作品、最初から最後まで観たら精魂尽き果てました。
展示されている50作品全部は観れないでしょうね。
まさに体力勝負。そんな時代だったような気もします。
現代の「ビデオ」につながる原点となった時代を回顧できる良い企画です。
東京国立近代美術館「ヴィデオを待ちながら」のHP
video3_0003IMG_2015

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔