2009年12月08日

「The Answering Machine」と「Meet & Greet」 新木場スタジオコースト

さて昨日の続きです。

当日は、「The Answering Machine」のライブが終わったあと、バンド・メンバーとMySpace「British Music」の参加者から選ばれたファンが歓談する機会がありました。
その模様は、MySpace「British Music」のブログや写真から見ることが出来ます。なかなか良い雰囲気で、わいわいがやがや、写真を撮ったり、サインをしたり、ファンの集いですね。

ボーカル・ギターのMartin君と話しました。今回のBRITISH ANTHEMSに登場したJames Yuillが、The Answering Machineの「Lightbulbs」をリミックスしてるけど知り合いかと尋ねたら、マネージメントが同じだそうです。
マンチェスター大学を卒業して日本にも居たことのあるマネージャーで、MartinとPatもマンチェスター大学ですから先輩後輩の関係ですね。(音楽には関係ないどうでもよい話題でした)

いつも感じるのですが、こうやって会う若者達って、実に感じが良いんですね。変に音楽やってますっていうような尖がったところもなくて、礼儀正しくて、素直で、気持ちが良いです。(勢いで「こういう孫がいたら良いな」と書いてしまいましたが、よくよく考えたらそんなことはないですね。息子・娘ぐらいですね。訂正します)今回のMartin、Pat、Gemma、Benの4人も良い子たちでした。

今回は集合写真も掲示しました。サイズが小さいので誰が誰だか分からない思います。左の端に写っているのが私ですが、その横のVサインは、私の手ではありません。念のため。Patの手です。
IMG_6781IMG_6837IMG_6782
IMG_67961IMG_67871IMG_67891
IMG_6862IMG_6809IMG_6797
IMG_6803IMG_6864IMG_6801_1

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔