2010年01月30日

「NO MAN'S LAND 創造と破壊@フランス大使館」 在日フランス大使館 広尾

1月31日(明日)で閉幕。
こんな展覧会をやっているのを、全然知りませんでした。
29日(金)、仕事が終わってから慌てて出かけました。
8時過ぎになっても、観客が減りません。現代アートでこんなに多くの観客をみたことがありません。
タダだからか、めったに内部を見ることの出来ないフランス大使館だからなのか。驚きました。
想像していたのに比べてずいぶんと質素な建物、まるで学校の校舎みたいでした。
壊すことが決まっている建物ですから、やりたい放題。種種雑多、ごった煮状態で、活気があってこういう展示も楽しいものです。
その中で、クリスチャン・ボルタンスキーの映像作品が、地下の物置のような小さな部屋で、ひっそりと展示されていました。
IMG_8070IMG_8018IMG_8010
IMG_8048IMG_8040IMG_8043
IMG_8031IMG_8047IMG_8001
IMG_8053IMG_7992IMG_8044
IMG_8073IMG_8059IMG_8075



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔