2010年02月04日

「ジョン・ルーリー展 ドローイング」 ワタリウム美術館 (外苑前)

ちょっと古い話になりますが、1月30日、オープン初日に、「ジョン・ルーリー展 ドローイング」を観にワタリウム美術館へ行きました。
ジャズ・プレーヤー、俳優、映画監督と多彩な経歴を持つジョン・ルーリーの個展です。
90年代後半からは、「ライム病」という病気を患って絵画一本のようです。

なんだこんな絵、子供でも描けちゃうんじゃないかと思わせるようなところもあります。
うまい具合に滲んじゃいましたみたいな。
概念がはっきりしないのですが、「クール」っていうのがぴったりするようななんだか独特の世界です。
また、突き放したような、ちょっと皮肉なタイトルと言っていいのか、キャプションと言って良いのか分かりませんが、添えられた一文が良いですね。全部読んでしまいました。

「ジョン・ルーリー展 ドローイング」
会期:5月16日(日)まで
時間:11時から19時(水曜日21時まで)
休館日:月曜日(3月22日、5月3日は開館)
会場:ワタリウム美術館
ワタリウム美術館のHP
john_1

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔