2010年10月28日

『崔在銀 「アショカの森」展』 原美術館 品川

韓国の女性アーティスト、崔在銀の日本での初個展。
古代インドの皇帝アショカ王の「アショカ王の5本の樹の森」という故事に着想を得て、写真や映像作品などで構成されたインスタレーションを展開しています。
「Forever and a Day」原美術館でも一番広い展示スペースの1階の緩やかにカーブした長い部屋に大樹の木肌を映し出した5面の映像が、気が付かないほどゆっくりと流れています。森の広さや流れていった時間が感じられます。
「もう一つの月」その隣のサンルームには、本物の水をはったつくばいに天井から大樹の映像が投影され微妙に揺れ動く水面に反射しています。小さな作品ですが、実に印象的な作品です。
2階には、アーティスト自身が、深い森の中で撮影した写真が展示され、暗い森の深さや静けさを表現しているようです。
『崔在銀 「アショカの森」展』
会期  〜12月26日(日)
時間  11:00〜17:00(水曜日は20:00まで) 
休館日 月曜日
会場  原美術館 東京都品川区北品川4-7-25
原美術館のHP
IMG_3048

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔