2010年12月04日

今日のCD 「Let Me Come Home / Broken Records」

昨日に続いて、スコットランド。
今度はエジンバラ。
チェロやフィドル、トランペットも入った7人編成。
楽器は、その都度持ち替えているみたいです。
芯がしっかりした骨太という感じでしょうか。
何とも言えない独特の暗さがありますね。
2番目のYouTubeは、アコースティックのライブ映像ですが、もろに地味というか素朴な感じが出ています。
3曲目の「Dia dos Namorados!」には、グラスゴーのフォークバンドSparrow and The WorkshopのJill O’Sullivanが参加しています。このバンドもなかなか暗い雰囲気の個性の強いバンドのようです。
Broken RecordsのMYSPACE.COM
Broken RecordsのオフィシャルHP

brokenrecords





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔