2010年12月15日

『プライマリー・フィールドⅡ 絵画の現在―七つの〈場〉との対話』展 神奈川県立近代美術館葉山 (葉山)

今まで混雑していた展覧会の記憶のない、いつ来ても空いいる美術館。
のんびり出来る良い場所です。家からも近くて便利。

3年前の立体作品でまとめた『プライマリー・フィールド』展の続編。
今回は、絵画作品でまとめてあります。

どう解いていいのか皆目見当もつかない鏡とセットになった三輪美津子の「INTERIOR」、抽象と具象の谷間の深い森のような児玉靖枝の「深韻―雨」、東島毅の立体作品の範疇としか思えない巨大な作品。
最近、絵画を見る機会が少なかっただけに新鮮な印象を受けました。
小西真奈の着色した絵葉書を拡大したような作品も面白く感じました。

展覧会:『プライマリー・フィールドⅡ 
     絵画の現在―七つの〈場〉との対話』展
会期 : ~2011年1月23日(日)
     月曜日休館(ただし1月10日は開館)
     12/24、12/29~1/3、1/11休館
     9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場 : 神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館のHP
hayama

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔