2010年12月17日

『幽体の知覚 小谷 元彦』展 森美術館 (六本木)

小谷元彦というと、拘束具を付けたバンビ、ミイラのような騎士が馬にまたがっている「SP4ザ・スペクター」や、真っ白な樹脂で作られた空中に浮遊する人間を一番に思い浮かべますが、今までの創作活動の成果を一堂に集めてみると、多様な手法と幅の広さに驚かされました。
出来ること、やりたいことは、何でもやると、実に意欲的です。

特に、真っ白な骨格標本化と思えるような「SP2ニューボーン」は、信じられないほど美しいフォルムですし、一見可愛らしい約3分間のビデオ作品「パンパース」は、きわどさ、危なさ、残忍さまで感じられる危険な作品でした。

でも、正直なところ、このアーティスト、苦手です。
それぞれ素晴らしい作品なのですが、完璧すぎて、疲れてしまいます。
作品と真っ向勝負をしなければいけないような雰囲気になります。

会期 :~2011年2月27日(日)
時間 :10:00 - 22:00 (火曜日~17:00)
会場 :森美術館 六本木ヒルズ森タワー53 階

森美術館のオフィシャルHP
kotani

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔