2011年02月12日

『彫刻家 エル・アナツイのアフリカ』展 神奈川県立近代美術館 葉山 (葉山)

熱も下がってインフルエンザのウィルスも居なくなったようなので、リハビリを兼ねて、神奈川県立近代美術館葉山へ。
初期の木彫作品や、金属製の瓶のキャップ等を細い銅線でつなぎ合わせた巨大なタペストリーやネット状の作品が、各展示室にあふれているというような印象を受けました。
小さな金属のキャップを分解して、色分けして、小さな穴をあけて、銅線を通して結びつける気の遠くなる作業を繰り返して出来上がった作品、どれも巨大で圧倒させられます。
ただの瓶のキャップだけで出来たとは思えない色の濃淡やグラデーションが見事です。
参考作品として、民族史資料が展示されていますが、アジンクラ、ケンテクロスと言われる綿布の柄、色合いが実に見事です。
展覧会: 彫刻家 エル・アナツイのアフリカ展
会場:   神奈川県立近代美術館 葉山
会期:   〜3月27日(日)月曜日休館、ただし3月21日開館、22日閉館
時間:   9時30分〜17時
神奈川県立近代美術館 葉山のHP
IMG_5037
IMG_5055
IMG_5047



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔