2011年04月29日

「23年4月 葉山町議会議員選挙結果に思うこと」

選挙の結果予想って、思いのほか難しいですね。

とりあえず今回の選挙結果をみた感想をまとめてみました。
別に科学的な分析とか、何かの根拠に基づいてコメントしているわけではなく、あくまでも個人的な印象です。

1.投票総数
  候補者も増えて、あれだけ混戦と言われて、毎日毎日選挙カーのスピーカーの音がひっきりなしに聞こえて
  いたのに、投票総数は260票しか増えていない。盛り上がっていたのは、候補者だけだったのかな?
  正直なところ、よっぽど興味を持ってないと、22人も候補者がいたんじゃ誰に投票しようかなんて考える
  気力もなくなってしまうのではないでしょうか。選挙公報やポスターを見ても、候補者毎の主張の違いを
  理解するのはかなり難しいことだと思います。
  
2.政党のカラーが濃い候補者
 共産党 近藤昇一、くぼたみき(前あべ勝雄)
     前回は2人で1,316票、今回は、ちょうど1,300票、マイナス116票(△9%)。共産党への支持自体が
   低下しているのか。二世候補を擁立して現職の前回得票数を上回ることはできたものの、議員団でペアを
   組むべきベテランの票まで食ってしまうという笑えない結果になってしまった。主義主張はともかく、地道に
   頑張っていたという印象のある近藤昇一が落選したのは残念です。
 公明党 鈴木みちこ
     前回、僅差で新人候補山梨たかひとにトップ当選の座を譲ったものの、今回は雪辱を果たしてトップ
   当選。1,296票と前回より144票、ぴったり1割減らしていますが、さすがに底堅い。うまく票を分ければ
   2人当選も確実なのに、ベテラン6期目に票を分けろとは誰も言えないのかもしれません。
    しかし、山梨たかひとは強い。今回の選挙でもまだ一番若い候補者。真面目・誠実・好感度抜群。
    民主党から離れて大正解でしたね。
 みんなの党 土佐洋子、(守屋のぶひろ)
     守屋のぶひろは、党籍はないようですので括弧を付けましたが、今回は推薦を受けています。二人の
   獲得票数は、1,555票(内土佐洋子が、908票)。前回比較ができないのですが、さすがにみんなの党の
   おひざ元、浅尾慶一郎衆議院議員もかなり力を入れていたようです。
   地味だが仕事はやる守屋のぶひろと若くて行動力のある土佐洋子の組み合わせは、票を食い合うことも
   なさそうで良いのかもしれません。
 尚政会(自由民主党系) 伊東圭介、中村文彦(前中村常光)、笠原俊一、加藤清(落選)
     前回、6人が当選して今回、低得票者2人が引退して4人で選挙に臨んだものの、得票も大幅に減らし
   て、当選ようやく3名という結果になりました。笠原俊一は、最下位当選で滑り込み。
   立候補した4人の得票総数は、2,655票、前回比マイナス575票(△18%)。立候補者数が多くて票が
   分散した以上に人気のなさが原因でしょう。
   日頃の議員活動の報告とか4年間何をやってきたのかと言った情報があまりに少ないのではないでは
   ないでしょうか。それぞれの地元地盤をベースに票をまとめて当選するという旧態然としたイメージ。山梨
   たかひとや土佐洋子とは、正反対のタイプでしょうか。

3.新人候補
 田中たかお
    正直なところ、72歳、この年齢で新人トップ当選をするとは思っていなかったので驚きました。
   前回の補欠選挙でも、年齢の若い順に得票を伸ばして土佐洋子が当選しているので、選挙の最大の争点
   は年齢だと思っていたのですが。 
   確かに学校の同窓会等の人脈をフルに動員して組織的に活動していたことは聞こえてきましたが、尚政会
   の議員に物足りなさを感じ始めた有権者から票が流れて来たとは考えられないでしょうか。メインの支持
   層は、田中たかおも尚政会候補者も同じような保守層だと思われます。
 あらい直彦
   長柄を地盤としているようですが、引退した尚政会のさの司郎の地盤を引き継いだようになんとなく
   思えたりもするのですが?
   今回引退した「鈴木ともいち」や「いとう友子」の地盤は、だれも引き継がなかったのでしょうか。 

4.尚政会以外で20%以上を得票を落とした候補者
 畑中ゆき子
     △24%。森町長寄りだということがマイナス要因なんでしょうか。(この候補者のポスター、何十年とは
    言いませんが、ずっと同じポーズの写真だと思いませんか。)
    金崎ひさが2%減で止まっているのと好対照です。
 森かつみ
     △55%。見事な減少率です。誰がみても当たり前。私でも落選を予想できたぐらいですから、ご本人も
    今回はまずいと意識はしていたんでしょうね。そこで藁をもつかむ思いで民主党へ。民主党「支持」候補
    のお墨付きをもらったのですが、なんの足しにもならなかった。お墨付きを出すほうも、貰うほうも何を考
    えているのやら。
 まちでら真司
     △26%。連合神奈川支持。なんで、こんなに票を落としたの?理由が知りたいです。

以上、選挙結果のまとめです。これから4年間、葉山町はどうなっていくのでしょうか。この選挙をきっかけに、
流れが大きく変わっていくことを期待したいです。
  
選挙3

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔