2011年05月14日

葉山 ご町内ニュース 『犬のフンを放置する飼い主に抗議』

葉山町は、ペットが大変多く飼われている町だそうです。
毎日、たくさんの飼い主がペット(犬)を連れて散歩をしています。
我が家の前の道も、毎日何百匹ものペット犬が通ります。
犬も散歩に出れば、自然の摂理か条件反射でオシッコやフンをするのですが、大概は、飼い主がちゃんと水をかけたり拾ったりして始末して行かれます。
ところが、中にはとんでもない不届き者がいて、放置したまま行ってしまいます。
のっぴきならない事情があって、その一回だけと言うなら許せますが、毎回同じ場所に放置していきます。
我が家でも、放っておく訳にもいかず不承不承ながら片付けていました。

ご近所のあるお宅では、毎回門の前にフンを放置されて堪忍袋の緒が切れたのか、放置されたフンの上に、「犬や猫に外でフンをさせたら飼い主が責任をもって持ち帰りましょう。葉山町」というポスターを張り出しました。
飼い主が、フンを自分で回収するまで、そのまま残しておく決意表明だと思います。

我が家も、これにならってフンを始末せずポスターを張り出したいと思います。
それにしても、門の真ん前ですよ。
RES03522


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔