2011年05月29日

「日本の刺青と英国王室」小山 騰(藤原書店)

鎖国が解かれ、駆け足で文明開化を目指した日本では刺青禁止令が出されたというのに、先進諸国の西欧人それもヨーロッパの王室のメンバーまでが、刺青を入れたがったという不思議な時代。

刺青自体は宗教的な理由や、身体装飾として世界中に存在していたのに、日本の刺青の技術、デザインは、当時群を抜いていたようで、お土産に彫っていったそうです。
現エリザベス女王の祖父にあたるジョージ5世は、1881年、王子時代海軍の少尉候補生として軍艦で来航、15歳で龍の絵柄の刺青をしたそうです。(映画「英国王のスピーチ」に登場するジョージ6世のお父さんですね)

一読してみて、何故、何のために彫る必要があったのか今一つ分かりません。痛い思いをしてまで、なんで?
お土産とか、海に沈んだ時に遺体の身元が分かりやすいとか、他のみんなが彫るからといわれても、かなり痛い思いをして背中に彫っても、自分では見れないし、痛がりの小心者には想像もできません。

それにしても、著者の徹底してオリジナル資料にあたって確認していく執念には、仕事柄(ケンブリッジ大学図書館日本語コレクション担当)かもしれませんが、感服しました。

単行本: 272ページ
出版社: 藤原書店
ISBN-10: 4894347784
ISBN-13: 978-4894347786
irezumi
日本の刺青と英国王室―明治期から第一次世界大戦まで


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔