2011年08月07日

「サトルモブ:これが最後であるかのように」 8月6日 横浜伊勢佐木町

ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラムとして開催された英国のアーティストユニットのサーカムスタンスによる観客参加型のパフォーマンスです。
事前に送られたサウンドトラックを指定された場所で、指定された時間に再生して、その指示に従って参加者が登場人物を演じていくと言うものです。

今回は、横浜伊勢佐木町の商店街が舞台、参加者以外の街の人たちは、そこでそんなパフォーマンスが行われていることは何も知りません。(まあ、キルトを履いた外人がいたり、イヤフォーンを付けて腕を組んで立ち止まって人が異様に多いとか、ちょっと日常から外れた光景に不審を感じた人もいたようですが)

参加条件に、パートナーと参加することとなっていたのですが、誰からも賛同を得られず一人で参加しました。
一人では、単なる傍観者にしか過ぎないことがよく分かりましたが、実際にパートナーがいても指示通りに演じることが出来るか、ちょっと自信がないですね。

登場人物になりきれず30分が過ぎて終了。参加したほか他の人たちは、どんな印象を持ったのかと思いましたが、そこここで拍手が起こりました。よく見ると、通りにいた人の半分以上は参加者だったようです。

その時、その場所でしか体験できない劇場型イベントと言うのも面白いですですね。

subtlemobのHP

RES06613


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔