2011年08月16日

『サマーソニック2011(まとめ)』 幕張メッセ+QVCマリンフィールド

RES06917

猛暑のなか、2日間よく頑張りました。

携帯型熱中症計「見守りっち」持って、塩分補給用の飴も仕込んで、ひそかに健康保険証も携帯してと、万全の態勢で臨みました。(そこまでして行くか?!と、いう意見もありますが)

ということで、今年観たリストです。
『一日目』8月13日(土)
 SHARKS(QVC)う〜ん、確かにクラッシュっぽい。でも、本人たちは、クラッシュの再来って言われてうれしいかな。
 ONE NIGHT ONLY(QVC)(ちょっと観)
 BoA(M)(ほんの一瞬)今年、ステージ配置が変わって、会場に降りる場所が分からなくて間違えて
   MOUNTAIN STAGEへ降りて来たらやってました。一曲だけでしたが、『良いじゃないですか』。
 CAGE THE ELEPHANT(S)若いねえ。元気いっぱい。
 MUTEMATH(S)(ちょっと観)全部は観れませんでしたが、要所要所をビシッと決めてツボを外さない。さすがです。
 MILES KANE(R)イギリスのギター少年が、そのまま大きくなったみたいな。ギター弾くのが大好きっていうのが
   よく分かります。声も良い。
 木村カエラ(QVC)(後半だけ)テレビ神奈川の『サクサク』のころから観てましたが、今も可愛いいですね。
   可愛いだけじゃなくてメインステージの大舞台でも存在感十分、貫録さえあります。この日の一番かも。
   単独公演、観に行ってもいいかも。
 BEADY EYE(QVC)オアシスじゃないかもしれませんけど、それなりに十分満足できる内容ではないで
   しょうか。トリだって良いような気がします。
   それにしても、Liamのトレードマークのコート。陽は陰ったとはいえ、猛暑のスタジアムのなかでコート姿で
   歌い切りました。ステージを降りるときはフードも被ってました。普通なら絶対脱水症状を起こして死ぬね。
 THE STROKES(QVC)せっかくのTHE STROKESなんだけど、ちょっと照明凝り過ぎじゃないかな。
   スタジアムの2階席からだとステージの上で何が起こっているのか全然見えませんでした。

『二日目』8月14日(日)
 RIVAL SONS(R)オープニング部分は見落としてしまいましたが、正統派ハードロック。
  単純明快、ブルースっぽい色合いも濃く、良いものを聴かせていただきました。時にこういうのを聴くとほっとしますね。
 TRIBES(R)(ちょっと観)
 DEERHUNTER(S)ちょっと観)
 TWO DOOR CINEMA CLUB(M)TDCCを観るのはこれが3回目、観るたびに成長してます。ALEX君の
   左に垂らした髪の毛も一段と伸びているみたい。(ちょっと前の石川遼みたい)ポップな爽快感、スピード
   感、こういう生きの良いバンドをもっと登場させて欲しいですね。
 METRONOMY(S)(ちょっと観)
 FRIENDLY FIRE(M)もう、言うことないでしょう。期待通りのパフォーマンス、踊らなくても十分楽しめました。
 BOW WOW WOW(S)(ちょっと観)出演者の衣装コードってないものでしょうか。
   どう見ても水着姿のミス ピギーです。 
 JAMES BLUNT(S)何となく、トム・クルーズに似てると思いませんか。
 SUEDE(S)貫録ですね。ライブで観れるのもこれが最後かも。
RES06926RES06932RES07049
RES07059RES07057RES06938
RES06929RES06944RES07048
RES07069RES07066RES07042
RES06950RES07040RES07081

歳のことも考え、今年あたりが潮時かとも思いましたが、来ればそれなりに楽しいこともあれば、新たな発見も期待できるので、来年も行くことにとりあえずしました。
ただ、主催者にどうしてもお願いしたいことがあります。
1.蛍光どピンクのリストバンドは、止めてください。2日間もこれ付けて電車乗るのは、恥ずかしいです。もう少し
  趣味の良い色とスタイルを工夫してください。
2.出演バンドと動員力と採算と色々考えなきゃいけないことがたくさんあるのでしょうが、過去の栄光とか実績
  とかのある安全銘柄ではなく新鮮な生きの良いバンドをもっと登場させてほしいですね。
3.一方で、こういった夏フェスって、単純に祭りなんです。もっとミーハーになって楽しめる出演者を広く集め
  て欲しいと思います。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔