2011年12月23日

「松井 冬子展 ― 世界中の子と友達になれる」 横浜美術館 (横浜みなとみらい)

松井冬子展を観に、横浜美術館へ行ってきました。
2007年12月に九段の成山画廊で開かれた個展「Marcissus」を観に行き、静かな狂気ともいえるような作品の迫力に驚かされましたが、今回のように100点もの作品が並ぶと、言葉で説明できない凄まじさで圧倒されます。
元来芸術家って、凡人とは違うなにかエキセントリックな部分が必ずありますが、松井冬子の執念は、半端なものじゃありません。
作品と併せて展示されている下絵や写生を見ると作者の凄さがよく分かります。
90番の「解剖 仔牛」為に行った写生(鉛筆)が76番に展示されていますが、筋肉の筋の1本1本まで書き込んだ線を見ると、作者の凄さは半端じゃありません。
展覧会 :「松井 冬子展 ― 世界中の子と友達になれる」
会期  :〜2012年3月18日
休館  :毎週木曜日、12月29日〜1月3日
会場  :横浜美術館
横浜美術館のHP
RIMG9209

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔