2012年01月25日

湯島天満宮 「初天神 鷽替え神事」

1月25日は、湯島天満宮の初天神。
近くで働いていますが、地下鉄の駅の沿線催し物ポスターで、この木彫りの鷽(ウソ)を見て、こんな神事があるのを初めて知りました。

鷽(ウソ)と言うのは、アトリ科の鳥の名前です。オスは、くちばしの下、頬のあたりが赤くてお腹にかけて薄い灰色、尾は黒い、スズメよりちょっと大きいずんぐり丸まった感じの鳥です。

鳥のウソと「嘘」とをかけて、「凶事」を嘘にしてしまい幸運にかえることを祈念するということのようです。
毎年1月25日に、新しい鷽に取り替えることから「鷽替え」と言われることになります。

高さ約12センチ、木の枝をちょっと削って鷽の絵を描いただけの単純・シンプルなものですが、ちょっと愛嬌があって意匠としても素晴らしい思います。
RES00674


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔