2012年02月03日

『ルドンとその周辺―夢見る世紀末展』 三菱一号館美術館 丸の内

今日は、会社帰りに六本木の森美術館へ「イ・ブル展」を観に行こうと思って地下鉄の六本木駅を降りて案内ポスターを観たら、『2月4日』!
明日からでした。また、間違えてしまいました!
慌てて、何かほかにと考えて思いついたのが、『ルドンとその周辺―夢見る世紀末展』。近くて一番。
まだ、三菱一号館美術館へ行ったこともないしということで「ルドン」へ。
復元した三菱一号館を美術館に転用しているわけですから、美術館としては欠点が多いかもしれませんが、絵を鑑賞する為の雰囲気は抜群です。
今回は、高さ2.5メートルある「グラン・ブーケ」収蔵記念のお披露目ともいえる展覧会で、確かに大きな花束の迫力はかなりのものです。
「グラン・ブーケ」が展示された部屋のシートに座って、すっかり眠り込んでいる人がいました。
幻想的な花の夢でも見ているのか気持ちよさそうです。
(禁止事項ではないので、係員も起こせない)

会期   :〜3月4日(日)
開館時間:水・木・金 10時〜20時 / 火・土・日・祝 10時〜18時
場所   :三菱一号館美術館 丸の内
休館日  :月曜日(2月27日(月)開館)
(画面奥のレンガ造りの建物が美術館)
RIMG9846

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔