2012年03月11日

「松井 冬子展 ― 世界中の子と友達になれる」 横浜美術館 (横浜みなとみらい)

昨日、横浜美術館へ。
松井冬子が初めて手掛けた映像作品が、3月2日から横浜美術館の一階のギャラリーで公開されているので観に行ってきました。
「REGENERATION OF A BREACHED THOUGHT《侵入された思考の再生》」と題された作品。
松井冬子の作品のしばしば登場する真っ白なボルゾイと松井自身の映像と、真っ白な水滴とがシンクロし合う上演時間3分間の映像作品です。
当日(3月10日)は、本人のあいさつとサイン会という企画があって横浜美術館に入ると、この美術館で今まで見たことのないような人ごみ。 
ちょうど、本人が挨拶をするところでした。下の写真の中央、小さく写っている赤い服の人物が本人。
遂に現代アートのスターが登場したという印象を持ちました。
彼女のようなスターが存在することは、決して悪いことではないと思います。
ただ、彼女が持っているイメージをどのように維持・発展させていくか大変な課題だなと思いました。

展覧会は、3月18日(日)まで。

(写真がうまく撮れていませんので、最少サイズにしています。クリックしても大きくなりません)
RIMG10797 サイズ変更

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔