2012年06月29日

今週のCD 「EL CAMINO / The Black Keys 」

米国オハイオ出身のロック・デュオ(ギター、ドラムス)の7作目のアルバム「EL CAMINO」。
50、60年代のブルース、ロカビリー、ソウルなど様々のジャンルの要素がごった煮状態。
洗練とかスマートとかいう言葉が絶対に似合わない泥臭さにあふれたバンドです。
ほとんど仕掛けも何もなくひたすらドンドコ響くドラムスが魅力なんでしょうね。
「Gold On The Ceiling」や「Lonely Boy」がベストトラックです。

BBC Radio1で今年2月に収録されたライブ映像、約42分11曲演奏しています。見た目も泥臭いですよね。

blackkeys


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔