2012年12月02日

「桑山忠明展 : TADAAKI KUWAYAMA HAYAMA」 神奈川県立近代美術館 葉山

五つの展示室にそれぞれ1作品づつ。
メタリックに塗装された多数の四角いボードが等間隔で壁面に並べられているミニマリズムの流れにある作品。
ROOM4では、3方の壁に高さ2.5メートルぐらいのメタリック塗装した細長いボードが122枚、等間隔で並んでいます。
作品リストには、イエローとピンクに塗装と書かれていますが、近寄ってよく見ないと分からないぐらい淡い色合いで、122枚が周りを囲むように並んでいても威圧感がありません。
月並みですが、静謐という言葉がぴったりです。

作品は撮影出来ないので、美術館の庭から長者が崎方面を望んだ写真を一枚。冬の海。
RIMG21646
アントニー・ゴームリーの彫刻も何となく寂しそう。
RIMG21641



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔