2013年03月03日

「アーティスト・ファイル2013--現代の作家たち」 国立新美術館 乃木坂

RIMG25197
展覧会画像がないので、金曜日夜8時前の国立新美術館。雨が降り始めました。

金曜日、「アーティスト・ファイル2013--現代の作家たち」を観に行ってきました。
2年ぶりの開催。今回は、なかなか見応えがありました。
特に、展示後半のナリニ・マラニ、志賀理江子、ダレン・アーモンドの作品は圧巻です。
ナリニ・マラニ(インド)、5本の大きな回り灯籠みたいな透明な筒と6台のビデオプロジェクターを組み合わせた映像作品。一大叙事詩の世界が繰り広げられているようです。

志賀理江子、今一番パワフルな写真家かもしれません。「螺旋海岸」。なんと103枚の写真が立て看板のように展示室の床にじかに置かれ(土嚢で固定している)、観客は迷路のようになった写真の隙間を、出口を探してさ迷い歩くことになります。
東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた宮城県名取市を拠点に撮影された作品からは、生と死、地域の記憶、絶望とか怒りとかが混ぜこぜになって伝わってくるようです。

最後に展示されているのが、英国のダレン・アーモンドの作品。なかでも2005年のターナー賞にノミネートされた「あなたがいれば」(If I Had You)は、素晴らしい作品です。4台のビデオ映像で構成されるインスタレーション作品。種明かしをしてしまうと面白くなくなりますが、4つのスクリーンに映し出される映像が呼応し合って作者の祖母が保養地ブラックプールへ行ったときの思い出につながっていくという抒情的な作品です。作品を一層素晴らしいものにしているのが英国のDJ兼ミュージシャンであるRichard James (the Aphex Twin)の「Avril 14th」というピアノ曲。2分にも満たない小品ですが、作品のイメージにぴったり合っています。

「アーティスト・ファイル2013--現代の作家たち」のコマーシャル・ビデオ


会期   :〜4月1日(月)毎週火曜日休館
開館時間:10時〜18時 金曜日は20時まで
      ※3月23日(土)は「六本木アートナイト2013」により22時まで
会場   : 国立新美術館 企画展示室2E

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔